開発、上市、販売、海外展開、事業責任者として関われるようになりたい 研究開発 原田 充 Mitsuru Harada 2010年入社 新材料開発センター ポリマー加工グループ 生命医科学専攻

プロフィール
面接・説明会などで接した社員の方々がざっくばらんに話をしてくれて、一緒に仕事がしてみたいと感じたのが注目したきっかけ。面接も「人そのもの」をじっくり見ようとする感じが伝わってきて、緊張はしたが、ありのままの自分を出すことができたように思った。現在は、研究プロジェクトで開発されたフィルム・シート製品をスケールアップするために、中試験設備・生産実機を使って、工業化技術を確立する業務を担当している。多くの社員とコミュニケーションを図りながら進めていくところが面白い。

夢を実現するには、まだ力不足だが
実現させる準備は怠っていない。

現在の担当業務は製品化に向けたスケールアップ、工業化技術の確立の一端を担うことですが、自分の考えたプロセスで良好な試作品を作ることができた時には、やりがいを感じます。また、そのサンプルの顧客評価が良好で、さらにサンプルがほしいといわれた時や、一緒に仕事している人と呑みに行って、自分の仕事ぶりを評価してもらえた時も気分がいいですね。夢見たことを実現させるには、まだまだ実力も経験も足りませんが、実現させるための努力は怠っていないつもりです。

サンプルの提出期限が迫るのに
製造条件が確立できず苦労した経験

顧客評価用サンプルの提出期限が間近に迫っていたにもかかわらず、サンプルの製造条件が確立できなかったことがあります。お客様のスケジュールは絶対に守らなくてはいけない一方で、顧客要求を満たすサンプルを作る必要もありました。チーム総出でサンプル作成にあたったのはもちろんですが、工場内にいる先輩方にたくさんのアドバイスを求めて走り回りました。納期と品質の板挟みにあって苦しみましたが、研究開発者としては貴重な体験ができたと思っています。

三井化学は様々なプロフェッショナルがたくさんいる会社。
自分を伸ばせる会社。

三井化学に入社してみて改めて思うのは、実に様々な分野のプロがいること。頼りになる先輩方がたくさんいらっしゃるので、日常的に業務について指導を仰いだり、アドバイスを求めることができます。

また福利厚生の制度や設備がしっかりしています。制度があるだけではなく、実際に活用されているし、活用することが当たり前という風土が根付いているように思います。

ただ、これまではフットワークが遅く決定機を逃しがちなところがあったり、目先の利益にとらわれがちだったり、長期的な視点が欠けているように思うことがありました。

研究開発、上市、海外展開、製造と一貫して
自分が開発した製品に関わっていきたい。

自分自身はこれから三井化学の一員として、携わっている製品を上市させ、それをもって、海外のお客さんに売り込みに行く。自分が開発した製品の製造部の責任者になる。塗工のとこなら原田に聞けば、なんとかなると言われるようになる。自分の給料以上の利益を上げて会社に貢献する。こんな夢を抱いています。知識も経験もまだまだ足りませんが、少しずつ知識と経験を蓄えて、いつかは開発、上市、販売、海外展開、事業責任者として関われるようになりたいですね。

これから就職活動をする皆さんには、素直な自分を出せば自ずと自分に合った企業に出会うことができるはず。研究・部活など何かを一生懸命やった人ほど、自分の大きさがあると思います。学生としてやるべきことに真剣に向き合ってほしいと思います。