プラントは巨大な生き物。各部門のエンジニアと力を合わせ、原料の流れを緻密にコントロールして、求められる製品を実現する面白さがある。設備エンジニア 壱東 孝 Takashi Itto 2011年入社 市原工場 技術部 電計グループ 電計2チーム 情報科学研究科 情報システム学専攻修了

プロフィール
学生時代は情報システムの制御系分野で装置を動かす物理モデルを研究。就職では電機・自動車メーカーを志望していたが、様々な業種を研究し、工場を見学しているうちに、製品より工場の装置に魅力を感じた。中でも化学プラントのスケールの大きさや、自社のエンジニアリング部門でプラントをトータルに手掛けられることに惹かれて入社を決めた。

プラントの原料の流れを、
高い精度で計測・制御する。

電計(電気・計装)の仕事は、プラントで原料の流れを計測・制御すること。計測のために必要なセンサやバルブ、制御のためのシステム、プラント全体の電気系を設計します。大小様々なプラントの改造更新のほか、設備の保全、国内外の工場の技術支援も重要な仕事です。

現在は主にポリエチレンプラントの保全のほか、コンパウンドを生産する関係会社のライン増設プロジェクトにもエンジニアとして参加しています。また、コンパウンドを製造している関係会社の製造・安全体制などを確認するために海外出張する機会もあります。

プラントはひとつの巨大な生き物で、ガスや液体、固形の粒など様々なものが流れ、化学反応を起こしながら、目指す製品を作り出します。そこには精度の高い計測・制御が不可欠。製造プロセスを設計するプロセスエンジニアや、機器や配管を設計する機械エンジニアなどと緊密に連携しながら作り上げていきます。チームで大きなものを作り出すところにこの仕事のやりがいを感じます。

化学プラントはとてもデリケートで、試験を重ねて材料の温度や流量、配合を決めていくのですが、わずかな設定の違いで材料の流れ方や反応が大きく変わることもあります。プロセスエンジニアと試行錯誤しながら、最適の条件を絞り込んでいく工程には、複雑で難解なパズルを解いていくような、難しさと面白さがあります。

気になることを徹底究明することで、
プラントの信頼性、安定操業を実現する。

大切にしているのは、物事をとことん追求すること。
たとえばプラントの改造更新で新しい部品を導入する際も、メーカーの資料だけで検討するのではなく、資料にない部分までチェックします。当社の社内ルールに適合しているか、想定されるあらゆる条件で的確に機能するかなどを確認するほか、業界での導入状況なども調査します。特に腐食による劣化などクリティカルな耐久性・信頼性については、メーカーで検証できるところは検証してもらい、当社でもプラントや生産技術部門の検証設備で実験し、万全を期すようにしています。

既存設備の保全では、製造スタッフから音や振動など、製造設備にいつもと違う現象が見られたら、どんな小さなことでも、たとえすぐにおさまっても、そのままにせず、徹底して調べます。トラブルが起きるときには、なんらかの予兆があるもの。小さな挙動の変化を見逃さずに原因を究明し、必要なら部品交換などの対処をすることで、トラブルを未然に防ぐことができます。

壱東 写真

電気計装エンジニアとしてさらに研鑽を積み、
海外プラント建設にチャレンジしたい。

今後の目標は新しいプラントの建設を手掛けること。これまで国内でプラントの改造更新を手掛けてきましたが、エンジニアとしては更地に全く新しいプラントを造ることに最も大きな魅力を感じます。新規プラント建設は、国内よりも海外の方が多いので、海外で建設プロジェクトにチャレンジしたいという希望を会社にも伝えています。

もちろん希望してすぐに行けるものではなく、もっと経験を積んで実力をつけ、建設プロジェクトが立ち上がるときに、電気計装エンジニアの候補として自分の名前が挙がるようにしなければなりません。

私は市原工場でポリエチレンプラントを多く手掛けてきましたが、この製品分野は世界的に需要が高く、市原のプラントをサイズアップして海外に新プラントを建設することもあります。その場合、市原のプラントを知り尽くしている電気計装エンジニアとして、アサインされるチャンスが生まれるかもしれません。こうしたチャンスをつかむためにも、今の仕事を徹底して極め、技術を磨きたいですね。

また、ポリエチレン以外にも、他のポリマーのプラントも経験して、守備範囲を広げたいという希望もあります。たとえばゴムのような性質を持つエラストマーなど、用途が拡大している製品を手掛けたい。それによって電気計装エンジニアとしてさらに成長でき、海外プロジェクトのチャンスも広がると考えています。

1日のスケジュール

7:30 出社
保全担当プラントの運転状況やメンテナンスの対応依頼などの確認、メールチェック
8:30 始業
朝礼、打ち合わせの準備
9:00 製造現場でメンテナンスについて打ち合わせ
10:30 メンテナンス対応(現象の分析、対応策の検討・実施など)
12:00 昼食
自席で仕出し弁当
13:00 書類作成(購入する機器・部品の仕様書、製造設備点検の報告書、点検・試験に関する法定書類など)
15:00 会議
コンパウンドを生産する協力会社のエンジニアチームが来社して、コンパウンド増設ラインのエンジニアリング会議
18:30 退社
最近ゴルフに熱中しているので、ゴルフ練習場に行くことが多い