顧客企業を定期的に訪問し、お客様の声を聞き技術サービスを提供 お客様に近いところで開発に携わり、自分の開発製品を社会に出すやりがい。 研究開発 木田 真理子 Kida Mariko 2008年入社 機能樹脂事業本部 機能樹脂開発部 化学生物学専攻(高分子)卒

プロフィール
学生時代から高分子に興味を持っていたため、高分子全般を取り扱っている三井化学に興味をもち、入社を決めた。現在は袖ヶ浦センター開発部でPET樹脂の開発に従事する傍ら、CSR活動・ふしぎ探検隊(こどもたちへの実験教室)の活動にも参加するなど幅広く活動している。技術者として十分な経験をつんだ後に営業部門で新たな顧客開拓などにも関わりたいと考えている。

顧客を訪問し技術サービスを提供し、
プラントでの生産支援も行う開発者

もともと高分子に興味があったので、初任配属の岩国大竹工場PET課に続き、正式配属先の袖ヶ浦センター開発部でもPET樹脂開発に携わることができ、嬉しく思っています。現在の仕事は二つに分けられます。

第一に、お客様への技術サービス(品質設計やお客様への技術支援)の業務です。技術サービスとしてお客様での成形不良の原因解析などを行い、内容によっては営業担当者と一緒にお客様を訪問します。大切なことは顧客企業の声をきちんと聞き、誠実に対応することだと考えています。

二つ目が、プラント生産支援の業務です。現在の担当であるPET樹脂は食品と直接触れ合う用途に使用されているため、厳しい品質管理が必要です。私達が設計した材料をいかに安定に生産するか製造部といつも議論しています。毎月、工場へ出張し、製造課や分析、品質管理の方々との連携を深めるよう努めています。

お客様に近いところで
開発に携わるやりがいを実感

時にはお客様の工場で起こった不良の原因解析が難しく、なかなか解決しないこともあります。材料に原因がないかなどまずは樹脂の物性評価を行います。また、お客様での状況を再現するため、実験も行います。成形条件にはノウハウがつまっていますので、もちろんお客様の条件を詳しく知ることは難しいです。そのため、少しずつ条件調整を行い、不良を再現できた時は本当にホッとしました。最終的には、樹脂品質設計を変更しお客様に提案するにいたりました。苦労の甲斐あって、再度樹脂を使用いただけたときは、本当に嬉しかったです。この時の経験で顧客企業が満足してくださったのはもちろん、お客様の声の大切さを身にしみて感じ、お客様に近いところで開発に携わるやりがいを実感しました。

将来は営業も経験して
幅広いキャリアを歩みたい

とはいえ、所属部署は少数精鋭です。PET樹脂の技術サービスや新規用途への開拓検討など、やることはたくさんあり、適度に忙しく張りのある毎日です。同じチームの成形担当者は、20歳の若手社員と55歳のベテラン社員です。ベテラン社員の方には成形方法を教えてもらうことも多く、本当に勉強になります。

また日常的な業務のほかに、入社1年目からCSR活動・ふしぎ探検隊(こどもたちへの実験教室)の活動にも参加したり、いろいろ幅広く三井化学ライフを楽しんでいます。

10年後くらいまでは現在の開発業務に携わり、自分の開発製品を世に出していきたいと思います。技術者として十分な経験を積んだ後は、営業部門で新しい顧客開拓などにも関わってみたいですね。この会社ならそうした幅広いキャリアを歩んでいけると思います。

1日のスケジュール

8:30 出社
メールチェック・スケジュール確認
8:40 KYミーティング
チーム内での1日のスケジュール確認とKY実施
*KY・・・危険予知
9:00 成形立会い、温度などの条件を変えると、製品品質がどのように変化するかの評価
11:00 英語プレゼンテーション講座受講
将来に備えて、プレゼンで良く使用する表現を使って演習
12:00 昼食
社員食堂へ先輩と
ヘルシーメニューを良く食べます
13:00 お客様への報告資料作成
14:00 上司と報告資料について打ち合わせ
15:00 新たにお客様からの分析依頼のサンプルが到着
分析内容について分析センターと打ち合わせ
16:30 午前中からの成形が終了
サンプル外観や成形機の測定データを確認
17:00 営業さんと報告日程
および内容の確認
20:00 退社