広い視野、長いスパンで自動車産業の動向を見据え、戦略的な営業課活動をダイナミックに展開していく 事務・アドミ 李 承根 Lee Sungkun 2010年入社 株式会社プライムポリマー所属 自動車材事業部自動車材グループ国内営業チーム 国際経営学部卒

プロフィール
高校時代をアメリカで過ごし、日本の大学で国際ビジネスマネジメントを学んだ。大学で開かれた三井化学の説明会に出席したのがきっかけで、化学材料分野に興味を持つ。面接や社員とのコミュニケーションを重なる中で、「人」素晴らしさ、グローバルな事業展開の可能性に魅力を感じたことから、入社。入社後は大阪工場で1年間購買を担当しながら化学メーカーの基本を学び、2011年4月から現職。

日本経済の牽引役である自動車分野のビジネスで
若手も大きな役割を担う。

私が所属する株式会社プライムポリマーは、ポリプロピレン・ポリエチレン事業を国内外で推進するため、2005年に三井化学と出光興産の合弁で設立された会社です。国内での展開はもちろん、海外でも北米、ヨーロッパ、中国、インド、東南アジアに拠点を持ち、グローバルな事業を展開しています。私が所属する自動車材事業部自動車材グループは、自動車部品用材料を取り扱う部署で、私は国内自動車部品メーカー向けのポリプロピレン樹脂を担当しています。

自動車は国の経済を牽引する産業であり、多種多様なプラスチック製部品が使用されていますから、当社にとって最重要分野のひとつ。営業を担当してまだ1年目ですが、主要な企業だけで5社、部品メーカーなども含めると80社以上を担当しています。月ごとの売上や利益を管理し、それを伸ばしていくために現状を分析し、戦略を練り、自動車メーカー担当の営業や、研究開発部門とも連携しながら、様々な提案やサポート活動を展開していくのが営業の仕事です。

顧客ニーズと
自社の技術をコーディネートしながら
次のビジネスを創造していく醍醐味。

自動車部品材料の営業には大きく分けてふたつのミッションがあります。
ひとつは安定した品質の材料を確実に顧客へ供給すること。たとえば国内国外を問わず、地震や水害などの大規模災害など様々な要因で部品の生産に変動が生じれば、材料の供給もそれに対応しなければなりません。国内営業とはいえ、自動車メーカーも部品メーカーも含めて、日本の自動車産業は世界中に拠点を置き、グローバルに事業を展開していますから、常に海外の動向に目を光らせ、グローバルな視野で考えることが求められます。

もうひとつのミッションは自動車の新モデル開発など、自動車産業の次の動きに合わせて、材料メーカーとしての提案を的確に行い、新たなビジネスの開拓につなげていくこと。部品メーカーや自動車メーカーから出てくる情報や要望、相談に対して、材料メーカーとしての解決策を提案することもあれば、こちらから戦略的な提案を行い、従来金属や他の樹脂で造られていた部品をポリプロピレンに置き換えていくといった動きもあります。

自動車の開発には4~5年という長い年月がかかり、部品やその材料ひとつひとつにも機能や信頼性など、緻密な検証の積み重ねが必要。すでにある商品を売り込むだけではなく、顧客である部品メーカーや、その先にある自動車メーカーからニーズを引き出し、自社の研究開発部門や生産部門の様々な人や組織と関わり協力しながら、求められる材料を開発し、ビジネスを創り出していけるところにこの仕事の醍醐味があると思います。

技術的な知識、営業のスキルを磨き、
グローバルに活躍できる
ビジネスパーソンになりたい。

今後の課題は、まず技術に関する知識をさらに身につけること。実際の開発を行うための高度な専門知識は技術者の領分ですが、営業もある程度の知識を持っていれば、顧客のニーズをより深く理解し、すばやく、実りのある提案をすることができます。また、顧客にどう接していくかという、営業特有の対人スキルもまだまだこれから磨いていかなければと感じています。顧客との人間的な付き合いから信頼関係を構築していくタイプ、単刀直入にヒアリングや提案を積み重ねていくタイプ、その両方を臨機応変に使い分けていくタイプなど、営業スタイルというのは人それぞれですが、私も経験を積みながら、自分のスタイルを確立していきたいですね。

今は国内営業を担当していますが、もともとプライムポリマーに配属を希望したのは、グローバルなビジネスを手がけたかったからです。先輩たちはどんどん海外に飛び出し、アメリカやヨーロッパはもちろん、これからの成長が期待される中国やインドで新興メーカー向けのポリマービジネスを手がけています。私も今の国内営業を通じて、できるだけ早くビジネスの基本を身につけ、いずれは海外駐在をしてグローバルに活動したいと考えています。

1日のスケジュール

8:50 出社
メールをチェックし、急を要するものから対応
9:30 社内ミーティング
部署内のミーティングのほか、他部署との連絡会議など、様々なミーティングがあり、ときには長時間に及ぶことも
11:30 外出
北関東の顧客との打ち合わせのため外出。顧客は関東各所のほか北陸などにもある
12:00 昼食
新幹線の車内で弁当。外出する日は駅や車内、現地でとることが多い。急ぎの場合は車内でも資料の確認や作成など、様々な仕事
14:00 打ち合わせ
顧客のオフィスで懸案事項への回答や提案
15:30 打ち合わせ終了
会社へ戻る
17:30 帰社
メールチェックと社内連絡、顧客への対応など
19:00 退社