若手にも責任ある仕事を任せてくれる恵まれた環境で、困難な課題に進んで取り組みながら、 機械エンジニアとして成長中。 設備エンジニア 牧原 成記 Nariki Makihara 2014年入社 市原工場 技術部 機械グループ 機械1チーム 工学部 機械系専攻 機械工学科卒

プロフィール
学生時代は超微細な泡、マイクロバブルの医療への応用を研究。就職では機械系の業界にこだわらず、商社など幅広い業界を検討し、機械の技術が活かせる分野として化学メーカーに着目した。中でも説明会や工場見学で多くの社員と交流することができ、彼らが楽しそうに仕事をしていることから三井化学を選んだ。

機械設備の保全を通じて、
プラントの安定操業に貢献。

機械エンジニアとして複数のプラントで機械設備の保全を担当しています。仕事としてはまず、機器に不具合が生じた場合、原因を究明して対策を検討・実施します。新しいタイプのトラブルに対しては今後同じことが起きないよう、チェックや対策の方法を他のプラントへ横展開するといったことも行います。内容によっては他の事業所と情報共有することもあります。

もちろん理想は不具合が起きないようにすること。そのために不具合を未然に防ぐ予防保全の対策を実施しています。予防保全の対策は無限にありますが、他のプラントのトラブル事例を参考に、事前にどのような現象が起きたらどのようなトラブルの可能性があるのか、どう予防すればいいかを考えながら、知識や計算を駆使して、設備の点検や予防策を提案し実施します。

化学物質は思いも寄らない現象が起きることもあり、予測は難しいのですが、製造現場のスタッフと密に連絡をとり、機械設備の状態を常にきめ細かく把握することで、予測の精度を高めています。機械設備の状態を考慮して、大学で学んだ力学の知識や計算を駆使して、プラントの安全・安定運転を支える方法を提案することで、工場の操業を支えるという大きな使命を持ったやりがいのある仕事です。

うれしいのは若手にも責任ある仕事を任せてもらえること。長年の老朽化により、工場内の重要な配管内が錆コブだらけとなり、プロセスの流量が確保できず、対策工事が急務な案件を入社2年目の私が担当することになりました。上司から「好きにやっていい」と言われたのはうれしかったのですが、対象配管は工場中に張り巡らされていたため、流量確保には大規模な工事が予想され、施工方法から検討を重ねました。コストや環境への配慮などの条件を踏まえ、複雑な計算を駆使し、適切な施工方法および範囲を選定しましたが、それでも大規模な工事が必須である状況の中、期限はわずか10ヶ月。

工事の遅延が許されないため、遅れのないよう工程管理を徹底し、協力会社や関係部署と連携を密にとり、工場全体を巻き込んでなんとか期限内に工事を完遂し、工場全体の運転維持に貢献できました。億単位の予算を使ってひとつの重要プロジェクトをやりとげたことに大きな達成感があり、工場中の多くの関係者や部署と連携できたこと、そして工場を守った功績が認められて工場長から表彰されるという喜びも味わいました。

あえて難しい課題の解決に手を上げ、
大ベテランに教わりながら知見を深める。

エンジニアとして大切にしているのは、担当業務以外にも色々なことに関わっていくこと。担当している案件で忙しくても、難しいトラブル対策など、解決に時間がかかる技術的な課題に進んで手を上げ、担当させてもらうようにしています。難しい課題ほど自分で調べ、解決法を考えることで成長することができます。

どうしてもわからないことは、社内の専門家を訪ねて相談します。三井化学には業界でも有名なすごい技術者がたくさんいて、そういう人たちが若手の質問にいやな顔一つせずに答えてくれるので、それがとても勉強になります。特に資料があまり残っていない昔のやり方や設計思想など、プラントを見ているだけではわからない、技術の深層を知ることができるのがありがたいです。

こうした技術の継承は化学メーカーとして大切ですし、私も視野が広がり、他の案件で関わる設備も、設計の裏側まで見えるようになりました。

牧原 写真

領域を越えて様々な人を巻き込み
引っ張っていけるエンジニアになりたい。

これからはさらに経験を積みながら、機械設備の知見を増やし、エンジニアとして成長していくのはもちろん、電気・計装など機械以外の分野にも踏み込んで、知識を広げていきたいと考えています。機械設備の保全でも更新でも、電気・計装の知識があれば、電気・計装エンジニアとの連携も、より効果的にできるからです。

たとえばプラントの重要な機械設備であるポンプの心臓ともいえるモーターに必要な性能は機械エンジニアの私にもわかりますが、それのために何ボルトの電気が必要か、どのようなセンサで監視し、どのような制御システムでコントロールするのかといったことはわかりません。

私に電気・計装の知識があれば、電気・計装エンジニアともっと突っ込んだ議論ができ、そこからよりよい機械設備を考え出すことができるでしょう。それによってプラント全体もよりよいものになるかもしれません。三井化学をより競争力のある化学メーカーにしていくために、技術の境界線を越え、他のエンジニアを巻き込み、引っ張っていけるようなエンジニアになることが、私の目標です。

1日のスケジュール

7:50 出社
メールチェック、PCの社内掲示板で製造現場の状況チェック、毎日どこかで行われる工事の着工許可取り、1日の予定確認など
9:30 担当パート内ミーティング
昨日の工事の報告、今日の工事の内容共有など
10:00 デスクワーク
ミーティングの結果を受けて、担当する設備の状況報告など資料作成
不具合が生じた機器の原因究明、必要な工事の施工内容や工法の検討
12:00 昼食
職場のデスクで会社の仕出し弁当
13:00 関係部署と打ち合わせ
検討している工事について確認したいことを製造現場のエンジニア、製造スタッフなどに聞く
15:00 メーカー来社
改良工事で導入する機器について、仕様や納期などを打ち合わせ
16:30 案件の検討
予防保全など、進行中の案件について上司や先輩と相談しながら決めていく
17:30 デスクワーク・連絡
関連部署や協力会社と工事の工程調整など
18:30 退社
寮には同期が15人いるのでにぎやか。誰かの部屋に集まって飲むことも。週末は必ず誰かから誘いがきます。