新製品の量産立ち上げ、設備設計など、ものづくりの最前線ならではの醍醐味がそこにある。 プロセスエンジニア 野村 和司 Kazushi Nomura 2010年入社 市原工場製造2部エラストマー課 工学府 機能発言工学専攻修了

プロフィール
学生時代は化学工学全般を学んだ後、バイオ分野の工学的アプローチを研究。就職では海外で活躍できること、学生時代に身につけた知識が生かせることをポイントに幅広く企業を回った。先輩の話や面接での印象から、忌憚なく意見を言い合える雰囲気に魅力を感じ、三井化学に入社を決めた。大阪工場で1年間現場研修を経験した後、現在部署でエラストマーの製造技術を担当している。

多品種を効率的に量産するプラントの
すべてを預かる製造エンジニア。

エラストマーは、樹脂改質材(耐衝撃性向上等のため、自動車バンパーや食品包装フィルムを始めとした様々な分野で使用)として使用される熱可塑性ポリマー。多種・多様な性質を持つ製品をプラントで連続生産しています。

担当プラントの使命のひとつに、研究所やセミプラントで小中規模の開発試作を終えた新製品の量産立ち上げがあります。実プラントで如何に安定的に量産できるか検討し、実現させることが、製造技術者としての大きな仕事です。ここで確立された製造方法が国内外のプラントのレシピとして使われることもあるので責任重大。研究所の開発担当や製造現場スタッフと緊密に連携しながら試作を行い、量産を安定させていく過程で、自分のアイデアを盛り込むことができる点にものづくりの醍醐味を感じます。

また、生産性向上/コストダウンのための技術改善や、設備の新設が必要な場合に基本設計を行うのも重要な業務。研究所や法務など様々な専門部署と協力して仕様をまとめ、エンジニアリング会社への発注まで行います。ここにもまた違ったものづくりのやりがいがあります。

量産が軌道に乗った製品については現場に任せていますが、品質や設備に問題があれば、その対応をするのも大切な業務のひとつです。現場の設備のことは現場スタッフが一番よく知っていますから、彼らの話をよく聞き、目の前の現象やデータに技術的な知見を加え、解決策を考え出すのが私の役割。トラブルはないにこしたことはありませんが、現場のチームとひとつになって問題を解決するのも、製造の最前線を預かる技術者としての喜びです。

尊敬する上司の下でプロの基本を学び、
自分なりの業務スタイルを確立。

エラストマー課で仕事をしたいと思ったのは、優れた製造技術者がいるという話を、大阪工場での研修中に聞いたから。そういう人の下で仕事を覚えたいと希望を出したところ、運よくかなえられ、その人の指導を受けることができました。

しかし、最初は書類の作り方から人とのコミュニケーションまで、基本的なことが満足にできず、失敗の連続。上司にも厳しく指導され、人を説得するためにはロジカルに考えなければならないこと、書類やデータはわかりやすくシンプルにしなければならないこと、だからこそよく考えて作り込まなければならないことなど、プロとしての仕事を覚えていきました。

心がけているのは書いて考えること。PCを使った計算やシミュレーション、文書作成などの作業も多いのですが、その前にまず手書きすると考えが整理され、ロジックをしっかり組み立てることができます。また、抱えている案件が多岐にわたるので、場当たり的に手を着けるのではなく、まずしっかり計画を立てるようにしています。

目標を高く掲げ、
自分を磨きながらチャレンジしていく。

将来の目標は海外のエンジニアと対等に、できれば彼らをリードしながらプロジェクトを完遂できるようなエンジニアになること。そこまでどのようなキャリアを積んでいくべきかはまだ考え中です。

私の師匠である課長やチームリーダーとも、面談やプライベートな席でよくキャリアについて話をしますが、海外プラント建設というチャンスはそれほど頻繁にあるわけではないので、チャンスが来たら実力を発揮できるよう、しっかり自分を磨きながら準備をしろというアドバイスを受けています。

三井化学は、色々なチャレンジをさせてくれる会社ですし、よく考えられた優れたアイデアなら採用され、実行できる会社です。挑戦できる環境で仕事ができることにやりがいを感じています。人間はとかく目の前の仕事にとらわれるあまり、もっと高い目標を忘れてしまいがちですが、それでは成長も止まってしまいます。海外で活躍するという入社前からの目標を掲げながら、これからも様々なことに挑戦し、自分を鍛えていきたいと思います。

1日のスケジュール

8:00 出社
8:30 朝のミーティング
情報を共有
9:30 メールチェック、依頼項目の処理。
必要に応じて資料を調べたり、データの解析などを行う。
12:00 昼休み
昼食は職場で弁当。
13:00 新規案件の試作検討など自身の仕事に集中。
ただしプラントで問題が発生すれば、随時現場スタッフと協議し、対策を考える。
15:00 休憩
15:30 新規設備の検討など。
情報共有のために行う海外プラントのエンジニアとのWebミーティングや、部内の会議が入ることもある。
19:00 退社