三井化学とユーザーを結び、開発・製造をコーディネートしながら、製品とビジネスを創造していくゼネラリストでありたい。 事務・アドミ 額田 麻子 Asako Nukata 2013年入社 機能化学品事業本部 不織布事業部 不織布グループ 衛生材チーム 農学研究科 森林化学専攻修了

プロフィール
学生時代は建築用木材やその元になる樹木、さらに木が育つ森林について研究した。就職では専攻にこだわらず、技術的知識とビジネスノウハウを併せ持つゼネラリストになりたいと考え、メーカーの営業を志望。食品など身近な分野のメーカーを中心に回ったが、めざす営業はむしろ材料系メーカーでこそ実現できるとわかり、化学メーカーなどへ方針転換。製品の幅広さと個性的な社員が自分の考えを持って仕事をしている社風に魅力を感じ、三井化学を選んだ。紙おむつ用不織布の営業を担当している。

ユーザーと開発・製造部門を結んで
製品・ビジネスを創り出していく
営業をめざして入社。

就職活動を始めたときに考えたのは、研究開部門や製造部門とユーザーを結びながらビジネスを展開していくような営業がしたいということでした。どんな分野が自分に合っているのかわからないので、最初は食品など身近なものを造っているメーカーを回ったのですが、BtoCビジネスでは基本的に製品を流通小売会社に販売する一方通行の営業形態になることがわかり、BtoBの素材メーカーに目を向けるようになりました。

調べていくうちに、日本の技術力の根源は部品・材料分野にあることがわかってきました。電子機器や家電製品など、最先端製品の進化は化学など材料の技術革新に支えられていることが多いのです。そこで化学メーカーをいくつも回り、技術力があり、製品分野が広く、これからの時代に最も適応していく力があると感じた三井化学に入社しました。

現在担当している不織布は医療や、土木、機械、包装など様々な分野に使われ、求められる機能も多種多様。ユーザーと当社の研究開発・製造部門を結んでニーズを実現していく営業の役割は、まさに私が求めていたものでした。

グローバルビジネスのやりがいと
製品の開発をコーディネートする醍醐味。

所属している衛生材チームは、主に紙おむつメーカー向けの不織布を扱っています。担当ユーザーは巨大なグローバル企業。窓口である購買や開発は海外、納入先の工場は日本・中国・東南アジアと、拠点が世界中にあります。取扱高が大きく業務も複雑ですから、まだ私1人で仕切ることはできず、先輩のサポートからスタートして、少しずつ担当業務を増やしているところ。先輩は主に購買との交渉、私は進行中のアイテムの開発管理や受発注を受け持っています。

海外とのやりとりは電話やメール、Web会議などを通じて英語で行います。海外出張はそれほど多くありませんが、上司・先輩と購買の定例会議に出席したり、東南アジアの工場とデリバリーの細かなやり方について打合せしたりといった用件で出かけています。英語は得意な方ではなかったのですが、この1年、業務を通じてかなり進歩しました。会社のIFP研修という、グローバルな業務のスキル向上を目的とした研修を受けて、プレゼンの立ち居振る舞いや話の組み立て方などを覚えたことも業務に役立っています。

こうしたユーザーとのやりとりだけでなく、これを当社の開発部門や製造部門につないで、新規アイテムの開発を進め、求められる機能・品質の製品を納期までに納入できるようコーディネートしていくのが営業の役割。社内にも関わる部署が多く、それぞれ業務の背景や視点が違うので、相手に応じて話し方を考えてコミュニケーションをとっていかなければなりません。そのためには各部署や担当者のことをよく理解している必要があり、最初のうちはなかなかうまく話すことができず苦労しました。

それでもできなかったことができるようになったり、開発が次のフェーズに進んだり、ユーザーの承認が下りて販売がスタートしたりといった、ひとつひとつの成果にやりがい、達成感を味わうことができます。出張先の東南アジアのスーパーで当社製品が使われている紙オムツを手に取ったときはうれしかったですね。それから当社が長い年月をかけて開発した伸縮性不織布がユーザーに採用され、紙オムツの機能向上に大きく貢献したのも、私はたまたま最終段階に立ち会っただけですが、やはりこの仕事の醍醐味を感じました。

額田 写真

営業として独り立ちし、
ビジネスを自分の手で回したい。

この仕事で大切なのは複合的な視点を持つこと。営業は会社の中で最もお客様に近く、その立場に立って考え行動しなければならないポジションです。しかし、同時に三井化学として製品の開発・製造をビジネスとしてかたちにする役割も担っています。常にこのふたつを視野に入れながらあらゆることを判断し、利害の対立点があれば両者の利益になる解決法を考え、提案していかなければならないところに、この仕事の難しさと面白さがあります。私はまだ一人でそれができるところまで行っていませんが、これからもっと経験を積み、様々なアイデアが出せる能力を身につけていきたい。

当面の目標はまず、担当しているユーザーを一人で受け持つことができるようになること。さらに、今手がけているような既存アイテムの改善といった開発ではなく、新規アイテムの開拓もできるようになりたい。そのために、もっとユーザーに人脈を広げ、新しいパイプを構築していく必要があります。

自分のコーディネートによって三井化学の技術力を製品開発に結びつけ、ユーザーの新たな技術革新、画期的な新製品の開発に貢献できたとき、最初に思い描いていたゼネラリストとして活躍したいという目標が実現できたと言えるでしょう。

1日のスケジュール

9:00 出社
メールチェックとその返信
以後終日、業務の合間に随時メールチェック・返信を行う
10:00 資料作成などデスクワーク
11:00 ユーザーの海外拠点を結んで電話会議
12:00 昼食
13:00 社内ミーティング
15:00 三井化学工場と電話会議
17:00 販売数量とりまとめ、報告書作成などデスクワーク
19:00 退社
営業接待はないので、退社時間が早ければ先輩と飲みに行くことも
友人と食事をしたり、帰宅して料理を作ることもある