素材メーカとしての高い技術力を活かし、最適なソリューションを提供しながら、世界のトレンドを牽引していく。 事務・アドミ 嚴 煕俊 Heejoon Um 2015年入社 ヘルスケア事業本部 ヘルスケア材料事業部 ビジョンケアグループ 国際教養学部卒

プロフィール
日本の大学に留学し、英語で授業を行う環境で国際関係、国際ビジネスを学びながら日本語もマスターした。その間イギリスのビジネススクールに1年間留学。さらにアメリカでシンクタンクのインターンシップに参加し、国際関係を研究。就職では金融、メーカー、コンサルティングなど幅広い業種の企業を訪問。厳しい経営環境の中で、大胆に新規事業へ挑戦する三井化学の姿勢に、活躍のチャンスと未来への可能性を感じ、入社を決めた。

世界トップクラスの技術で、
お客様のニーズに応える。

ビジョンケア材料とはメガネ用プラスチックレンズの材料です。三井化学はこの分野で世界トップの実績を誇るメーカーであり、高い技術力でメガネレンズのトレンドを創り出していけるトレンドメーカーでもあります。

事業部の役割は、既存の製品を販売するのではなく、お客様のニーズに合わせて、製品の仕様はもちろん、コスト、物流などすべてに最適なソリューションを提供すること。チーム6人で世界の市場をカバーするという少数精鋭の体制をとっており、私はその中で日本と東南アジアを担当しています。

これまでのメガネレンズは透明度や薄さ、軽さを追求してきましたが、今のトレンドは眼の健康を守る機能です。たとえば紫外線で色が変わる機能、紫外線の中で特定の波長をカットする機能などが、商品の付加価値を決めるポイントになっています。メガネメーカーも当社もさらにその先のニーズを探求しており、三井化学の技術で可能になる新たな機能をお客様へ提案していきます。この分野をリードする素材メーカーとしての責任を背負いつつ、技術力で新たなトレンドを創り出していけるというところにやりがいを感じます。

顧客との信頼・協調関係を育て、
長期的な共存共栄をめざす。

仕事でこだわっているのはゼネラリストであること。お客様にトータルなソリューションを提供するには、製品の性質やその背景にある化学の知識、さらに国ごとの法規制や知的財産の対応、物流や価格・コスト計算など、幅広いスキルが求められます。

中でも重要なのは対人関係の対応力。先進的な技術を活用した新しい製品を扱いますからデリケートな問題も多く、そこをお客様に理解していただきながら、プロジェクトを進めていくには、強い信頼関係が不可欠です。相手に疑問や不満が生じそうなときなどは、しっかりと向き合って真実を話し、信頼関係の維持に努めます。

素材メーカーの製品が輝くのは、お客様の製品の中ですから、お客様の成功が当社の成功であるという意識を常に持つことが大切です。目先の売上だけにとらわれて、素材メーカーとしての基本を忘れては、事業は長く続きません。当社が何十年もレンズ材料メーカーとして世界をリードすることができているのも、根底にこの長期的な関係を大切にする姿勢があるからだと思います。

新しいアジアのビジネス方式を創造し、
新事業を立ち上げ、育てていきたい。

まだこの仕事を始めて日が浅いので、当面の目標はまず5年以内にレンズ材料の分野で新製品を出すこと。お客様の要望に応えるだけでなく、もっと大きな観点から人のニーズをとらえ、今までにないような機能を持った新しい製品を創り出したい。そのために、マーケティングで新しいニーズを掘り起こしながら、お客様であるレンズメーカーや、当社の研究所と知恵を出し合う努力を続けていきます。

さらにその先は海外、特にアメリカ駐在を経験するのが中期的な目標です。今も海外の市場と関わっていますが、実際に海外に身を置いて、欧米のビジネスを学び、そこから日本型のビジネスをベースとした、新しいアジア的なビジネス方式を創り出したいのです。そうして創り出したやり方を活かして、今までにない事業を立ち上げ、育てていくことが長期的な目標です。

嚴 写真

1日のスケジュール

8:00 出社
人が少ない静かな時間帯に、考え事やその日のスケジュールなどを行う。
9:00 メールチェック
9:30 チームミーティング
10:30 お客様との電話による打合せ
12:00 昼食
新橋エリアで新しい店を探すのが楽しみ
13:00 お客様との打合せ準備
14:00 お客様来社 打合せ
15:00 メール返信
16:00 法務、知的財産、マーケティングなど、関連部署とのミーティング
17:00 新製品に関わる資料作成など
19:00 退社
妻と過ごす時間を特に大切にしている