名古屋工場

新着情報

2017年6月
地域広報誌「たんごどおり」第34号を発行しました。
2017年4月
名古屋工場の電解液製造設備の営業運転開始
2017年3月
第12回 環境に関する意見交換会を実施しました。
2017年3月
星崎、千鳥両小学校区女性会の工場見学会を行いました。

地域広報誌「たんごどおり」

「たんごどおり」というタイトルは、当工場が立地している名古屋市南区丹後通の町名から名付けたものです。

工場の概要

所在地 〒457-8522 愛知県名古屋市南区丹後通2丁目1番地
地図を見る別ウィンドウで開く
TEL 052-614-2111(代表)
FAX 052-614-2191
敷地 38万m2(ナゴヤドームの約6倍)
従業員 345名 (関係会社を含む) 2016年4月1日現在
名古屋工場

工場の特色

当工場は、今から遡ること半世紀あまり前の1951年、名古屋のこの地において、日本で初めて独自技術による塩化ビニ-ル樹脂の製造を開始したのがはじまりです。

操業当時は戦後復興の時代で、工場周辺には田畑が広がっており、住宅などもまばらな状況でした。しかし、現在ではマンションや商店・学校などが林立する市街地となり町並みは様変わりしています。

生産品目は、数年前まで産業用機能材料・家庭用資材・農業用資材・産業用樹脂原料などが中心でしたが、現在は、前述の立地を考慮し、電子・情報材料製品を中心とした生産拠点へと大きく変貌を遂げています。代表的な製品にIC製造プロセステープ(製品名:イクロステープ™)や、太陽電池封止シート(同:ソーラーエバ)などがあります。

また、現在当工場では機能加工品の中核拠点の実現を目指し、生産現場力の強化、お客様第一の徹底に向けて、全社員が一丸となって取り組んでいます。