岩国大竹工場

社会貢献活動への取り組み

岩国大竹工場が日本最初の総合石油化学工場として操業を開始し、これまで発展して参りましたのも、ひとえに地域の皆様方のご理解とご協力の賜物です。当工場では「社会から信頼され、社員が誇りを持てるいい会社・いい工場」を目標として掲げております。社内では「Face to Face コミュニケーション」を活性化して社員が働き甲斐のある組織風土を醸成し、また社外では、「地域広報誌の発行」「ふしぎ探検隊」など地域貢献活動に取り組み、社会から信頼される工場を目指して全社員が一丸となって努力しております。
今後も当工場は地域の一員として、安全確保と環境保全に万全の体制をもって取組み、また安定操業を通じて地域経済の発展に微力ながらも貢献していけるよう、誠心誠意努力をいたす所存であります。引続き温かいご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

工場長 細見 泰弘

工場長 細見 泰弘

地域の皆様との情報交換

地域の皆様から工場に関するご意見をいただき、今後の工場運営に活かしていく「地域アドバイザー制度」を設けています。また、近隣企業との共催により、地元の自治会や官公庁の皆様との意見交換会も行っています。

地域の皆様との情報交換-地域アドバイザー制度

地域に開かれた各種行事

地域の皆様との交流の場として、毎年「秋まつり」を開催しています。地域の団体を招いたステージ、子供向けの化学実験教室、工場見学、社員が運営する屋台など、楽しいイベントが盛りだくさんです。

地域に開かれた各種行事-秋祭り

環境美化・保全活動

きれいな町づくりに貢献するため、定期的に、岩国地区・大竹地区など、工場周辺の一斉清掃を行っています。

環境美化・保全活動-工場周辺の一斉清掃

その他

地球温暖化防止に貢献するため、PET樹脂の輸送をトラックから船に移行させる「グリーン物流」に取り組んでいます。この活動は、経済産業省などが主催する「グリーン物流パートナーシップ会議」のモデル事業として認定されました。

その他-グリーン物流