鹿島工場

社会貢献活動への取り組み

鹿島工場では、自動車クッション用ウレタンフォーム原料のTDI、高耐候性塗料用原料のXDI、H6XDI等のイソシアネート類、及び工業材料・生活関連材の原料である化学製品を安全・安定的に生産、供給するため、地域との共生を見据えた環境保全の取り組みを積極的に推進しています。

工場長 内藤 隆夫

工場長 内藤 隆夫

地域の皆様との情報交換

2011年2月18日に第7回レシポンシブル・ケア鹿島地区地域対話を開催しました。地元行政、住民の代表者、学校関係者、加盟各社で130余名にご参加いただきました。1社を工場見学の後、安全・環境・防災への取組みについて2社が発表したほか意見交換等を行いました。

第6回RC地域対話

地域で開かれた各種行事

東部コンビナートメンバーとして、毎年8月の「かみす七夕まつり」に出席しています。

かみす七夕まつり

環境美化・保全活動

東部コンビナートメンバーとして「コンビナート周辺道路美化運動」、「近隣行政区美化運動」に参加しています。

コンビナート周辺道路美化運動

その他

当工場は、2006~2008年度の3年間でCO2排出量を約17,500トン削減しました。これは、従来の排熱の有効利用はもとより、仕切り壁蒸留方式の採用などの新技術を積極的に導入することで達成しました。今後も他のプラントに新技術を横展開することでCO2排出量の削減とエネルギー原単位の向上を目指します。

鹿島工場のCO2削減量