リスク・コンプライアンス

リスク管理体制

三井化学グループは、株主の皆様、お客様、地域の方々などステークホルダーの皆様からの信頼を確保し、企業の社会的責任を果たすため、経営活動の脅威となり得るすべての事象についてリスク管理の徹底を図っています。

リスク管理システム

リスクを早期に発見し、リスクの顕在化を未然に防止するため、「三井化学グループリスク管理システム」を導入し、当社グループ各社・各部門の年度予算の中で、重点リスクを洗い出し、リスク状況についての分析を行い、対策を講じています。
また、その進捗状況をチェックするためのコンプライアンス確認書の活用などにより、リスク管理に関するPDCAを着実に実施し、リスク顕在化の未然防止に努めています。
また、リスク管理システムは、内部統制システムに組み込まれており、内部統制システムの執行状況は取締役会に報告しています。

PDCA:Plan(計画)-Do(実行)-Check(評価)-Action(改善)のプロセスを継続的に繰り返すこと。

リスク管理システム

リスク管理システム

リスク・コンプライアンス委員会

CSR重点項目のひとつであるリスク・コンプライアンスの個別方針・戦略・計画の立案のため、個別委員会としてリスク・コンプライアンス委員会(委員長:リスク・コンプライアンス委員会担当役員)を設置しています。
同委員会では、当社グループがステークホルダーの信頼を確保し、企業としての社会的責任を果たせるよう当社グループ各社・各部門におけるリスク管理に対するサポートなどを行っています。また、内部統制室は、当社グループ各社・各部門に対して業務監査やリスク管理状況のインタビューを実施し、リスク・コンプライアンス委員会に報告しています。
これらの取り組みの結果、2015年度については、2014年度に引き続き、当社の社会的信用、事業運営、収益等に重大な影響を及ぼす法令・ルール違反の件数はゼロでした。


「リスク管理システム」運営体制

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。