ISO26000対照表

ISO26000とは、2010年11月に国際標準化機構が発行した、あらゆる組織における社会的責任の基準を定め、その手引きを提供する国際規格です。

社会的責任の7つの原則(説明責任、透明性、倫理的な行動、ステークホルダーの利害の尊重、法の支配の尊重、国際行動規範の尊重、人権の尊重)や社会的責任に関する7つの中核主題(組織統治、人権、労働慣行、環境、公正な事業慣行、消費者課題、コミュニティへの参画及びコミュニティの発展)が設定されており、第三者認証を目的としないガイダンス規格です。

以下の対照表は、ISO26000の7つの中核主題に該当する項目を示しています。

7つの中核主題 各主題に関する課題 該当項目
組織統治 組織統治 特集 足達英一郎氏講演
コーポレート・ガバナンス
CSRマネジメント
レスポンシブル・ケア推進体制
人権についての基本的な考え方
株主・投資家への情報開示
地域対話
働きやすい職場環境づくり
ダイバーシティの推進
人権 1: デューディリジェンス
2: 人権に関する危機的状況
3: 加担の回避
4: 苦情解決
5: 差別及び社会的弱者
6: 市民的及び政治的権利
7: 経済的、社会的及び文化的権利
8: 労働における基本的原則及び権利
安全への取り組み
レスポンシブル・ケア推進体制
環境苦情への対応
人権についての基本的な考え方
取引先とともに>目標と実績
取引に関する方針
CSR調達
働きやすい職場環境づくり
労働慣行 1: 雇用及び雇用関係
2: 労働条件及び社会的保護
3: 社会対話
4: 労働における安全衛生
5: 職場における人材育成及び訓練
特集 人材マネジメント
安全への取り組み
保安防災>目標と実績
重大事故防止への取り組み
各生産拠点保安防災活動紹介
労働安全衛生>目標と実績
安心・安全な職場づくり
各生産拠点安全活動紹介
従業員とともに>目標と実績
人材の育成
働きやすい職場環境づくり
ダイバーシティの推進
社員の健康づくり
環境 1: 汚染の予防
2: 持続可能な資源の利用
3: 気候変動の緩和及び気候変動への適応
4: 環境保護、生物多様性、及び自然生息地の回復
私たちの未来を創る「Blue Value®
再生可能エネルギー関連の事業
環境調和と社会の持続可能な発展に貢献する主な製品
レスポンシブル・ケア方針
レスポンシブル・ケアへの取り組み
環境保全>目標と実績
地球温暖化防止
産業廃棄物の削減
PRTR法対象物質
大気環境の保全
水資源に関する考え方
生物多様性
環境会計
INPUT⇒OUTPUT
物流における環境負荷低減の取り組み
環境苦情への対応
公正な事業慣行 1: 汚職防止
2: 責任ある政治的関与
3: 公正な競争
4: バリューチェーンにおける社会的責任の推進
5: 財産権の尊重
コンプライアンスの推進
レスポンシブル・ケアに関する監査
物流における環境負荷低減の取り組み
取引先とともに>目標と実績
取引に関する方針
CSR調達
消費者課題 1: 公正なマーケティング、事業に則した偏りのない情報、及び公正な契約慣行
2: 消費者の安全衛生の保護
3: 持続可能な消費
4: 消費者に対するサービス、支援、並びに苦情及び紛争の解決
5: 消費者データ保護及びプライバシー
6: 必要不可欠なサービスへのアクセス
7: 教育及び意識向上
特集 対談「安全文化の醸成」
私たちの未来を創る「Blue Value®
安全への取り組み
レスポンシブル・ケア推進体制
産業廃棄物の削減
環境苦情への対応
化学物質マネジメント>目標と実績
化学物質マネジメントの推進
品質>目標と実績
品質向上への取り組み
お客様とともに
コミュニティへの参画及びコミュニティの発展 1: コミュニティへの参画
2: 教育及び文化
3: 雇用創出及び技能開発
4: 技術の開発及び技術へのアクセス
5: 富及び所得の創出
6: 健康
7: 社会的投資
特集 人材マネジメント
たはらソーラー・ウインド® 発電所の稼働状況
安全への取り組み
レスポンシブル・ケア方針とマネジメント
安心・安全な職場づくり
環境苦情への対応
化学物質マネジメントの推進
品質向上への取り組み
CSR調達
人材の育成
働きやすい職場環境づくり
社員の健康づくり
共同研究・共同研究プロジェクトの推進
産業界との連携の推進
グローバル連携の推進
地域対話
社会貢献活動>目標と実績
次世代育成
環境コミュニケーション
社員の社会貢献活動参加支援
災害支援
東日本大震災 復興支援