厚生労働省「第1回 健康寿命をのばそう!アワード」企業部門優良賞を受賞

2013年3月7日

当社は、3月6日に、厚生労働省より、当社健康管理室が主体となり全社で一体となった健康増進活動が評価され、「第1回健康寿命をのばそう!アワード」企業部門 厚生労働省健康局長優良賞別ウィンドウで開く を受賞しました。
本賞は、生活習慣病予防の啓発活動及び健康寿命をのばすことを目的とする優れた取り組みを行っている企業・団体を表彰するものです。

(左:当社健康管理室 土肥室長)

当社健康管理室は、かねてから「社員の健康は、会社の健康に直結する」との基本理念に基づき、健康診断や保健指導を通じたグループ社員の健康増進に取り組むとともに、生活習慣病の一次予防として、健康保険組合や関係部署と協働して、下記のようなポピュレーション・アプローチを強化してまいりました。今回の受賞は、そうした健康づくり活動が評価されたものです。
当社は今後とも、やりがいのある仕事と充実した私生活との調和を目指し、ワークライフバランスを推進するとともに、グループ社員の健康増進活動に積極的に取り組んでまいります。

個人の健康行動、メタボの改善度や健康づくりイベント等への参加をポイントに換算し、グループ又は個人で点数を競う「ヘルシーマイレージ合戦!」別ウィンドウで開く を全社で展開し、年間約2,000人が参加し、継続的な健康増進活動を支援しています。

2012年度活動実績

ウォーキングイベント 「2000km踏破など」 延べ2,050名
フィットネス教室 延べ990名
食育教室・栄養教室 350名
スポーツ大会 延べ2,500名
九十九里浜踏破大会 167名(第43回大会)
ミニ駅伝大会 1,050名
禁煙チャレンジ 100名
社員食堂 ヘルシーメニュー 25,000食
内臓脂肪測定会 1,720名

※ご参考: 三井化学グループの「社員の健康づくり」に向けた取り組み別ウィンドウで開く