環境保全

水資源に関する考え方

三井化学グループは、以下の方針のもとに水資源の利用や、水環境の保全等の適正管理に努めています。

水資源に関する基本的な考え方

  1. 水資源が限られた大切な資源であり、その保全が世界的な重要課題であると認識しています。
  2. 良質な水資源の利用は操業には不可欠であり、効率的水利用促進に努めてまいります。
  3. 水資源は、地域的、時間的に遍在するという特性のもと、各国・地域において個別に適正な管理を実施してまいります。

水環境の保全

水質汚濁物質の削減

当社グループは、COD、窒素、リンなどの水質汚濁物質の削減を推進し、水環境の保全に努めています。
国内生産拠点における排出は、いずれも法や条例などの基準を大きく下回っており、水環境の保全を継続しています。

全窒素排出量(三井化学単体

全窒素排出量

全リン排出量(三井化学単体

全リン排出量

COD排出量(三井化学単体

COD排出量

水利用量(三井化学単体

排水処理量(三井化学単体

本体生産拠点である下記6工場および袖ケ浦センター。
鹿島、市原(含む茂原分工場)、名古屋、大阪、岩国大竹、大牟田。
(2016年度:鹿島工場は操業停止、岩国大竹 徳山分工場は関係会社として管理。)

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。