環境保全

環境会計

三井化学では、環境対策や労働安全衛生などレスポンシブル・ケアに関する必要な投資を行い、その「環境会計」を環境省「環境会計ガイドライン2005年版」に準拠して集計し、公表しています。
2015年度の環境保全に関する投資額は約14億円でした。
また、費用額は約222億円、環境保全にともなう経済効果は省資源・省エネルギーを含め約18億円でした。
今後とも、環境保全活動に積極的に取り組んでいきます。

環境会計推移
(集計範囲:国内製造拠点)

以下の表について、データの集計範囲はいずれも本体製造拠点である下記6工場および袖ヶ浦センターです。
鹿島、市原(含む茂原分工場)、名古屋、大阪、岩国大竹(含む徳山分工場)、大牟田

環境保全コスト

単位:百万円

分類 主な取組の内容 2014年度 2015年度
投資額 費用額 投資額 費用額
1 事業エリア内コスト
(生産・サービス活動により事業エリア内で生じる環境負荷を抑制するための環境保全コスト)
1,171 17,201 1,348 14,740
1-1 公害防止コスト 大気汚染、水質汚濁、臭気対策等 395 14,346 399 11,683
1-2 地球環境保全コスト 省エネルギー 756 200 812 192
1-3 資源循環コスト 産業廃棄物再資源化 等 20 2,655 137 2,865
2 上・下流コスト
(生産・サービス活動にともなって上流または下流で生じる環境負荷を抑制するためのコスト)
0 0 0 0
3 管理活動コスト
(管理活動における環境保全コスト)
環境マネジメントシステム維持、社員教育 等 0 459 0 549
4 研究開発コスト
(研究開発活動における環境保全コスト)
環境保全・負荷抑制に係る製品・プロセスの開発等 0 5,100 0 6,000
5 社会活動コスト
(社会活動における環境保全コスト)
緑化、汚染負担分担金 等 0 256 0 229
6 環境損傷コスト
(環境損傷に関するコスト)
環境汚染の修復 等 14 735 22 712
合計 1,185 23,751 1,370 22,230

環境保全効果

分類 内容 項目(単位) 2014年度 2015年度
1 公害防止 大気汚染、水質汚濁物質の排出量 PRTR物質排出量(t) 1,214 1,099
有害大気汚染物質排出量(t) 24 24
VOC排出量(t) 2,235 2,018
NOx排出量(t) 2,924 2,786
SOx排出量(t) 329 374
ばいじん排出量(t) 130 123
COD総量(t) 1,029 1,032
全窒素総量(t) 948 867
全燐総量(t) 35 39
2 地球環境保全   CO2排出量(千t) 4,037 4,120
水使用量(百万m3 466 473
排水処理量(百万m3 61 61
放流水量(百万m3 446 453
3 資源循環   産業廃棄物社外総排出量(t) 88,687 86,113
産業廃棄物最終処分量(t) 381 655
再資源化率(%)
[再資源化量/社外排出量]
70.9 68.9
上水道、地下水、工業用水、海水使用量の合計

環境保全対策に伴う経済効果

単位:百万円

分類 効果の内容 効果金額
2014年度 2015年度
1 リサイクルにより得られた収入額 廃棄物の再資源化、リサイクル 533 694
2 省エネルギーにより得られた収入額 省エネルギー 1,520 900
3 省資源により得られた収入額 原料原単位向上 317 221
2,370 1,815

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。