レスポンシブル・ケア方針とマネジメント

レスポンシブル・ケアへの取り組み

三井化学は、レスポンシブル・ケアを「環境保全」、「保安防災」、「労働安全・衛生」、「化学品安全」、「品質」、「物流安全」の6つの機能分野と定義し、活動を行っています。この機能分野は、日化協のレスポンシブル・ケアコードに準じて定めたものです。
国内・海外関係会社に対しても、各機能所管部署が具体的な活動を支援するなど、三井化学グループ全体でレスポンシブル・ケア活動の推進に取り組んでいます。

三井化学グループのレスポンシブル・ケア機能

レスポンシブル・ケア推進体制

レスポンシブル・ケア委員会担当役員を委員長とし、各機能分野の所管部部長、各事業本部担当部長を委員とするレスポンシブル・ケア委員会において、レスポンシブル・ケア活動に関する方針・戦略および計画の策定、実績評価、レスポンシブル・ケアに関するシステムの見直しを定期的に行っています。レスポンシブル・ケア委員会での審議および討議内容は経営会議へ報告され、経営層のレスポンシブル・ケアへのコミットメントを確実にしています

レスポンシブル・ケア(RC)委員会を中心とするレスポンシブル・ケア推進体制

レスポンシブル・ケアの各機能担当部署は常に情報交換を行って、全社に関わるレスポンシブル・ケア活動の推進を図っています。また、事業部など部署ごとにレスポンシブル・ケアの担当者(RC担当者)を選任し、RC担当者会議を通じて、レスポンシブル・ケア活動に関する方針・戦略を全社に展開しています。これらの方針・戦略に基づき、工場・事業部などの各部署で具体的な活動を実施しています。
国内関係会社とも情報交換会を開催し、レスポンシブル・ケア活動に関する方針や活動実績の共有を図っています。海外関係会社においては、地域ごとにSHE会議を開催し、レスポンシブル・ケアに関する方針・戦略を共有して、当社グループ全体でのレスポンシブル・ケアを推進しています。
レスポンシブル・ケアの実施状況は、定期的な監査によって評価・指導が行われ、その結果を基に次の計画が立案されます。

レスポンシブル・ケア活動の運営スキーム

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。