レスポンシブル・ケア方針とマネジメント

協会を通じたレスポンシブル・ケアの普及への取り組み

三井化学グループは、各国の化学工業協会でのレスポンシブル・ケア活動を推進する立場にあります。

日本化学工業協会(日化協)において、RC・品質保証部長が2010年のレスポンシブル・ケア委員会設置から幹事会委員および2010年から化学品管理委員会の委員を務め、国内のレスポンシブル・ケアの展開へ貢献しています。

国際化学工業協会協議会(ICCA)においても、当社社長が2014年から理事を、当社参与が2016年から「レスポンシブル・ケア」リーダーシップ・グループ(RC-LG)の副議長とアジア太平洋レスポンシブル・ケア機構(APRO)の議長を務めています。また、当社社員が2015年から各リーダーシップ・グループ合同の「キャパシティ・ビルディング」タスクフォースの共同議長を、2009年から「エネルギーと気候変動」リーダーシップ・グループの委員を務め、国際的なレスポンシブル・ケアの展開へ貢献しています。

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。