保安防災

各生産拠点保安防災活動紹介

三井化学では、大規模地震・津波に備えた緊急停止訓練、避難訓練および工場緊急時対応としての消火・緊急呼び出し・通報などの各種防災訓練を実施しています。今後も三井化学は計画的に継続的に各種訓練を実施し、関係官庁、地域との連携を図っていきます。

保安防災訓練など

三井化学では緊急時の対策として、消火・緊急呼び出し・通報などの各種防災訓練や、公設消防隊、警察署などとの合同訓練を積み重ね、緊急時対応の検証と不具合の改善を行うことで自衛防災力の向上を図っています。各工場の職場ごとに年間計画を作成し、それぞれの業務に応じた内容の訓練を実施しています。ほかにも工場全体での総合防災訓練も定期的に企画し、公設消防隊と自衛消防隊が一体となった訓練や、警察署も参加した訓練を実施しています。また、企業間の相互援助訓練として、公設消防隊や近隣企業を交えた共同防災訓練も実施しています。
各工場では、次のような訓練を行い自衛防災力の向上を図っています。

・ 名古屋工場

工場の排水異常を想定した総合排水異常・漏えい対応訓練を実施しました。訓練では緊急回避装置の作動や水質の簡易分析キットの使用方法などの確認を行い、排水系の異常発生時の対応を再確認しました。

・ 岩国大竹工場

地震発生による危険物タンク接続配管からの引火性液体の漏えい・着火を想定とした工場総合非常訓練を実施しました。訓練日の天候は雨模様になりましたが、災害は天候を選ばないことから訓練を行い、自分たちの知識・技術や装備の再確認を行いました。

・ 大牟田工場

反応器から可燃性ガスが漏えいし、火災が発生したことを想定した総合防災訓練を実施し、緊急事態対応および行政との情報共有化と連携の検証を行いました。


排水溝への土嚢設置訓練(名古屋工場)


自衛消防隊による放水訓練(岩国大竹工場)


現場指揮所での防災活動(大牟田工場)

地震・津波対応訓練

三井化学では、大規模地震・津波に備えた緊急停止訓練や避難場所への避難訓練などを実施しています。
以下に事例を紹介します。

・ 市原工場

東京湾内湾に大津波警報が発令されたことを想定し、プラントの緊急停止訓練と約1,600名が参加した避難訓練を実施しました。
避難訓練では避難先の位置・避難ルートの確認および避難時の人員確認を行ったほか、避難に関する基準を確認しました。さらに、避難ルートや避難スペース等に問題がないことも確認しました。

・ 大阪工場

大阪府主催の「大阪880万人訓練」に合わせ、工場では関西圏直下型地震を想定した地震避難訓練を実施しました。訓練では約1,000人が参加し、地震発生時の初動対応と工場内に指定した2ヵ所の避難場所への避難方法の習熟訓練を行い、問題なく避難できることを確認しました。また、訓練を通して防災意識の高揚を図ることができました。


津波避難場所での人員確認訓練(市原工場)


地震避難所での人員確認訓練(大阪工場)

地震BCP訓練

2011年の東日本大震災から5年を迎え、首都圏直下地震や南海トラフ大地震の発生が懸念されていることをふまえ、これらの大地震の発生に備えて、2016年2月19日に本社と大阪工場、市原工場においてBCP(事業継続計画)訓練を実施しました。
平日の朝の出勤時間帯に首都圏で震度5強の大地震が発生し、首都圏機能が一時マヒしたという想定のもと、本社対策本部設置までの間、大阪工場で緊急対策本部を設置して被害状況等各種の情報収集を行ったのち、同日の午後に本社対策本部の設置とともにその機能を移管するという内容です。
この中では、社員の安否確認、本社内各部からの状況報告などの「基本動作」の確認をするとともに、地震による市原工場での火災発生を想定した本社・被災工場間での状況報告・対応支援等の応用訓練を行いました。
今後も当社は万が一に備えた対応体制を確立していきます。

大竹・岩国・周南地区事業所長による保安に関する意見交換会

2015年4月18日、石油化学工業協会および安全工学会の共催で大竹・岩国・周南地区事業所長による保安に関する意見交換会が開催されました。地区を代表する10社の事業所長が様々な意見交換を行い、有意義な会となりました。良好事例も多く紹介され、今後の活用が期待されます。当社からは岩国大竹工場長、本社 安全・環境技術部長等が参加しました。
なお、この意見交換会の事務局の一員として、三井化学が全面的に協力しました。


意見交換会

岩国大竹工場自衛防災組織 優秀賞(総務大臣賞)を受賞

岩国大竹工場の自衛防災組織が、総務省消防庁主催の2015年度「石油コンビナート等における自衛防災組織の技能コンテスト」において優秀賞(総務大臣賞)を受賞しました。
このコンテストは、2014年度より自衛防災組織の技能や士気の向上を図ることを目的として行われ、2015年度は全国772組織のうち、99組織を対象に管轄する消防本部の推薦を受けた35組織が参加しました。

岩国大竹工場も岩国地区消防組合の推薦を受けて出場し、ビデオ審査による予選を通過(20組織)、本選は、消防庁職員4名による実技競技の審査を受け、2015年11月30日の審査発表において、上位5社に与えられる優秀賞を受賞しました。
2015年12月7日総務省において表彰式が行われ、佐々木消防庁長官より当社岩国大竹工場に表彰状が授与されました。

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。