保安防災

各生産拠点保安防災活動紹介

三井化学では、大規模地震・津波に備えた緊急停止訓練、避難訓練および工場緊急時対応としての消火・緊急呼び出し・通報などの各種防災訓練を実施しています。今後も計画的かつ継続的に各種訓練を実施し、関係官庁、地域との連携を図っていきます。

保安防災訓練など

三井化学では緊急時の対策として、消火・緊急呼び出し・通報などの各種防災訓練や、公設消防隊、警察署などとの合同訓練を積み重ね、緊急時対応の検証と不具合の改善を行うことで自衛防災力の向上を図っています。各工場の職場ごとに年間計画を作成し、それぞれの業務に応じた内容の訓練を実施しています。ほかにも工場全体での総合防災訓練も定期的に企画し、公設消防隊と自衛消防隊が一体となった訓練や、警察署も参加した訓練を実施しています。また、企業間の相互援助訓練として、公設消防隊や近隣企業を交えた共同防災訓練も実施しています。
以下に事例を紹介します。

・ 市原工場

休日夜間に装置から可燃性液体が漏えい・着火を想定し、公設消防との合同による工場総合防災訓練を実施しました。休日夜間においても防災活動が確実にできることを確認しました。

・ 大阪工場

装置からの可燃性物質の漏えい・着火を想定し、公設消防と合同で工場総合防災訓練を実施しました。訓練では発災現場以外の製造課長にも公設消防との連携を視察させることで、緊急時の対応力の向上を図っています。

・ 岩国大竹工場

地震による危険物タンク接続配管からの可燃性液体の漏えい・着火を想定し、工場総合非常訓練を公設消防と合同で実施しました。装置の緊急停止と安全な場所への避難、災害鎮圧活動などの訓練を積み重ねています。

・ 大牟田工場

可燃性液体の受け入れ配管からの漏えい・火災を想定し、公設消防本部と連携した工場総合防災訓練を実施しました。警察署および市防災対策室にも視察していただき、関係行政との連携を検証しました。


指揮所での防災活動(市原工場)


漏えいガスの拡散防止訓練(大阪工場)


自衛消防隊による放水訓練(岩国大竹工場)


公設消防隊への入構ルート説明(大牟田工場)

地震・津波対応訓練

三井化学では、各事業所地域で想定される大規模地震・津波に備えた緊急停止訓練や避難場所への避難訓練などを実施しています。
以下に事例を紹介します。

・ 市原工場

地震発生と東京湾内湾に大津波警報が発令されたことを想定し、装置の緊急停止訓練と避難訓練を実施しています。
避難訓練では約1,600人の社員・協力会社員が参加し、避難場所の位置・避難ルートの確認および避難場所での人員確認を行ったほか、避難に関する基準の確認を行いました。避難訓練を重ねることで避難完了までの時間短縮が図られています。

・ 名古屋工場

南海トラフ巨大地震の発生による津波警報発令を想定した津波避難訓練を実施しています。
工場内に定めた5箇所の避難場所への避難と避難場所での人員把握など、基本動作が確実にできることを確認しました。
また、当工場を会場に大規模地震の発生を想定した石油コンビナート総合防災訓練を実施し、公設防災関係機関などと一体となった防災活動を行い、連携の強化を図っています。

・ 大阪工場

大阪府主催の「大阪880万人訓練」に合わせ、南海トラフ地震に伴う大津波警報発令時の初動対応と津波避難場所への避難訓練を実施しています。訓練により、従業員の防災意識の高揚を図るとともに、訓練の検証を行い、地震・津波対策の改善を図りました。また、訓練では避難場所のリーダーが発電機の始動テストを行うなど、緊急備蓄品の確認も行っています。


津波避難場所での人員確認訓練(市原工場)


公設消防隊による放水訓練(名古屋工場)


地震避難場所での人員確認訓練(大阪工場)

地震BCP訓練

2011年の東日本大震災から6年を迎え、首都圏直下地震や南海トラフ大地震の発生が懸念されていることをふまえ、これらの大地震の発生に備えて、2017年1月24日に本社と大阪工場、市原工場においてBCP(事業継続計画)訓練を実施しました。
訓練は平日の朝の出勤時間帯に首都圏で震度5強の大地震が発生し、首都圏機能が一時マヒしたという想定のもと、行われました。本社対策本部設置までの間、大阪工場で緊急対策本部を設置して被害状況等各種の情報収集を行ったのち、同日の午後に本社対策本部の設置とともにその機能を移管するという、関係各部門が緊急時において確実に情報伝達できるよう実効性を確認する内容です。
訓練では、社員の安否確認、本社内各部からの状況報告などの「基本動作」の確認をするとともに、地震による市原工場での火災発生を想定した本社・被災工場間での状況報告・対応支援等の応用訓練を行いました。
社長の講評では「基本的な動作を確認することは欠かせないものであり、常に準備をしておくことは大変重要である。災害は忘れたころにやってくることを忘れず、気持ちの備えを維持しておくこと」と総括されました。
今後も当社は万が一に備えた対応体制を確立していきます。


BCP訓練風景

岩国大竹工場自衛防災組織 総務大臣賞(優秀賞)を連続受賞

岩国大竹工場の自衛防災組織が、総務省消防庁主催の2016年度「石油コンビナート等における自衛防災組織の技能コンテスト」において、総務大臣賞(優秀賞)を受賞しました。
この技能コンテストは、防災要員の技能および士気の向上を図ることを目的として、2014年度から実施されており、大型化学高所放水車および泡原液搬送車を使用した隊員等の安全管理や消防車両および消防用資機材等の確実な操作等を競うものです。
今回の受賞は、岩国大竹工場の自衛消防隊の消防操作技術や規律について評価をいただいたものであり、昨年に引き続き2年連続の総務大臣賞(優秀賞)受賞となりました。今後も社員一丸となって工場のさらなる安全・安定運転に邁進していきます。


自衛消防組織


競技の様子

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。