物流

物流における環境負荷低減の取り組み

三井化学グループは環境負荷の低い物流体制の構築に努めています。
積載効率の向上、モーダルシフトの推進(トラックから海上輸送、鉄道へのシフト等、エネルギー効率の良い輸送手段へ転換すること)等を通じて、エネルギーの効率利用を図り、CO2排出量の削減に取り組んでいます。
これまでの取り組みの結果、2014年度には国土交通省が設置している「エコレール運営・申請委員会」より「エコレールマーク認定企業」として認定されています。
2015年度における製商品の輸送によるエネルギー消費原単位は6.85KL/千tで、2014年度対比で94.5%となりました。 今後ともエネルギーの効率利用に努め、CO2排出量の減少を図ることで、環境保全に努めます。

エコレールマーク企業認定基準 :
500km以上の陸上貨物輸送のうち15%以上鉄道を利用している企業の中で
・ 数量で年間15,000トン以上
・ 数量×距離で年間15,000万トンキロ以上
のいずれかで輸送に鉄道を利用している企業

エコレールマーク認定登録商品

アクリルアマイド、ハイドロキノン、イソプロピルアルコール、コスモネート® MDI、コスモネート® TDI、ドロクロール、三井PET®、高純度テレフタル酸

贈呈式

エコレールマーク認定書(企業認定)
エコレールマーク認定書(製品認定)

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。