物流

製品の安全な輸送

物流協力会社との対話

三井化学グループでは、物流協力会社と一体になった安全活動を行っています。
各工場物流担当部署は、物流協力会社とおおむね月に1回物流協議会を開催し、物流事故などの情報の共有化、「ヒヤリハット※1」の事例検討、現場パトロールや教育を行い、コミュニケーションを図っています。また、「七ゲン主義※2」に基づいて、物流協力会社のRC監査、現場作業者との安全対話を実施し、誤出荷・誤納入の撲滅、製品漏洩の撲滅など物流事故の未然防止に努めています。
また3PL(Third Party Logistics)※3で管理している製品についても3PL会社が主導し、各工場物流担当部署が協力する形で上記同様の活動を行っています。

※ 1
ヒヤリハット:
重大な災害や事故には至らないものの、ヒヤリとしたり、ハッとした事例のこと。
※ 2
七ゲン主義:
“現場”・“現物”・“現実”、“原理”・“原則”・“原点”・“人(間)を大切に”、に基づいて種々の対応を図ること。
※ 3
3PL(Third Party Logistics):
物流機能の全体もしくは一部を、第三の企業に委託することで実現する物流業務形態のひとつ。

SDS・イエローカードによる安全対策

当社グループの製品は、高圧ガス、危険物、毒劇物など法令等で管理や取り扱いが定められた化学物質もあるため、製品の安全輸送には万全の注意を払っています。
物流を委託する物流協力会社に対しては、製品の取り扱い・保管上の注意(危険性、有害性など)に関する情報として、法令上提出義務のない製品も含めて安全データシート(SDS)を提供しています。また、輸送時に万が一、事故が発生した場合に備え、事故発生時にとるべき措置や関係先への通報内容を記載したイエローカードの携行を危険品、非危険品にかかわらず義務付けています。

SDS:安全データシート(Safety Data Sheet)
事業者が化学物質などを他の事業者に出荷する際に、相手方に対して提供するデータシートで、物質名、供給者名、危険有害性、安全対策および緊急事態での対応などの情報を記載するもの。

イエローカード

事故・労働災害の根絶に向けた活動

物流業務の中には高所作業があります。一例としてローリー充填作業においては3m以上の高所で作業をする必要があり、乗務員の安全確保のため、転落防止の安全帯使用を義務付け、推進しています。また、熱傷・薬傷防止のため、保護具の着用を義務付けています。
また、安全基本ルールの「1.バック時、よく見えなければ必ず『降車』して安全確認 2.停車時、『ブレーキロック』を確実に、『輪止め』で歯止め 3.発車前、必ず『ひと回り点検』で安全確認」を周知し、実行しています。
その他様々な全国キャンペーンを実施して物流事故の削減・撲滅に努めています。

事故発生時の拡大防止

当社グループでは、製品輸送中に事故が発生した場合に、その被害を最小限に抑えるため、「三井化学グループ構外物流事故・緊急連絡網及び応援体制」(MENET)に関する規則を定めています。MENETでは国内を6地区に分け、24時間出動できる体制を整えています。 また、年に2回、緊急通報・出動訓練を行っています。

さらに、2015年10月より、事故発生時の早期対応、被害拡大防止を目的とし、一般財団法人 海上災害防止センターと契約、同法人の「危険物質事故対応サービス(HAZMATers:ハズマッターズ)」を導入しました。
本サービスの利用により事故発生時の主要対応拠点が7ヵ所から9ヵ所に増加し、迅速な対応が可能になるとともに、同センターの専門的知見および資機材を活用することで、被害拡大防止により効果的な施策を打つことが可能になります。

MENET応援基地

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。