社外評価

社会的責任投資(SRI)インデックスに採用

三井化学グループは、社会と当社グループの持続可能な発展を目指した取り組みが評価され、下記の社会的責任投資(SRI)インデックスに採用されました。(2017年9月現在)

FTSE4Good Index Series

FTSE4Good Global Indexは、ロンドン証券取引所グループのFTSE Russell社が作成する株価指標です。「環境マネジメント」「気候変動」「人権・労働」「サプライチェーン労働」「贈収賄防止」に関する取り組みを評価し、組み入れ企業を選定しています。

FTSE Blossom Japan Index

FTSE Blossom Japan Index は環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応にすぐれた日本企業のパフォーマンスを反映する株式指数で、国際的に高く評価されている FTSE4Goodに沿ったESG 基準が採用されています。また、業種ニュートラルとなるよう設計されています。
なお、この指数は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のESG指数に選定されています。

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数は、MSCIのESGリサーチに基づいて構築され、様々なESGリスクを包括的に市場ポートフォリオに反映したESG総合型指数です。各業種においてESG 評価が相対的に高い企業で構成されます。
なお、この指数は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のESG指数に選定されています。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)は、女性活躍推進法により開示される女性雇用に関するデータに基づき、各業種から性別多様性スコアが高く、女性活躍への取組みを推進している企業で構成されています。
なお、この指数は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のESG指数に選定されています。

モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)

MS-SRIは、モーニングスター株式会社が国内上場企業の中から社会性にすぐれた企業と評価する150社を選定し、その株価を指数化した国内初の社会的責任投資株価指数です。

SNAMサステナビリティ・インデックス

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント(SNAM)が2012年より開始したSNAMサステナブル運用は、ESG(環境、社会、ガバナンス)の評価が高い企業に幅広く投資する、年金基金・機関投資家向けの責任投資プロダクトです。調査会社によるESG評価を重視して投資銘柄を独自に設定した「SNAMサステナブル・インデックス」に基づいて保有ウエイトを決定する長期投資志向の運用を行っています。

その他の主な社外評価

EcoVadisのサプライヤー調査で最高ランクの「ゴールド」評価を取得

EcoVadis社は、企業がその取引先の持続可能性をモニタリングできる共有プラットフォームを運営しています。110ヵ国、150業種におよぶサプライヤー企業を対象として、「環境」、「労働慣行・人権」、「公正な事業慣行」、「調達」に関する取り組みから企業の持続可能性を評価し、多くのグローバル企業がその結果を取引先審査に利用しています。
三井化学グループは、この評価において、最高ランクの「ゴールド」を取得しました。ゴールドは全体スコアの上位約5%の企業に授与されます。

日本政策投資銀行より「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」特別表彰を受賞

日本政策投資銀行(DBJ)より「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」の最高ランクである「従業員の健康配慮への取り組みが特に優れている(特別表彰)」の格付を2013年3月に取得し、健康経営のモデル企業として表彰を受けました。この格付は、DBJが従業員の健康配慮への取り組みにすぐれた企業を評価し、融資条件を設定するものです。

「健康経営優良法人 ~ ホワイト500 ~」に選定

経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人 ~ ホワイト500 ~」に選定されました。
「健康経営優良法人 ~ ホワイト500 ~」とは保険者と連携して優良な健康経営を実践している大規模法人を顕彰するもので、本認定は、経済産業省と経済界・医療関係団体・自治体のリーダーから構成される日本健康会議が共同で実施し、健康経営実践法人の拡大を図るものとして2016年度から開始されたものです。