社会活動

科学実験教室「ふしぎ探検隊」

次世代を担う子どもたちに化学の楽しさと可能性を伝えたい、という思いから始まった科学実験教室「ふしぎ探検隊」は、2006年から各事業所近隣の学校、夏休みのイベントやお祭りでの出前教室、工場・研究所見学時における開催など、様々な形態で実施してきました。2016年度は、インドネシアの小学校で初めて実験教室を開催し、活動を拡大しています。

楽しく実験しながら化学を身近に感じてもらうために、各地区とも、日常生活に身近な「化学のなぜ?」を実験テーマに選定すると同時に、化学がいかに私たちの生活に密着しているか、化学のチカラでできることは何かといったことを取り入れた、わかりやすく楽しい実験になるよう工夫しています。2016年度はのべ約5000名の子どもたちに参加いただきました。

本活動について一般社団法人触媒学会より「平成27年度教育賞」、文部科学省より「平成27年度青少年の体験活動推進企業表彰 審査委員会奨励賞(大企業部門)」を受賞しています。また文部科学省「土曜学習応援団」に登録し、活動のすそ野を広げています。

小学校での開催

実験教室で使用しているロゴマーク

インドネシアのチカンペック地区の小学生に「ふしぎ探検隊」を実施

当社関係会社のPT. MCNS POLYURETHANES INDONESIA(MCNS-I)は、Indotaisei工業団地にある企業34社により結成されたIndotaiseiボランティアクラブの参加企業です。2016年8月4日、このクラブ主催で教科書や文房具など教育に役立つ様々なアイテムを学校に寄付するCSRイベントを開催しました。

インドネシアの地方の学校では、生徒たちが教室内の授業で化学実験に触れる機会はとても稀です。そのため、当イベントのハイライトのひとつとして、6年生の生徒30名と教員や保護者を対象として、MCNS-I、同じく当社関係会社の P.T. Petnesia Resindo (PNR)、Mitsui Chemicals Asia Pacific,Ltd.(MCAP)、Mitsui Chemicals Singapore R&D Centre Pte. Ltd.(MS-R&D)の社員による科学実験教室を開催しました。子どもたちは、ウレタンむくむく実験や、スライム作りを通して、化学反応やポリマーの性質を学び、驚きと喜びの表情を見せてくれました。
今後は、本社に出向中の現地従業員がノウハウを履修する等で実験アイテムを拡充し、アジアでの活動を拡大していきたいと考えています。


インドネシアでの実験教室開催

北海道砂川市で「ふしぎ探検隊」を開催

当社の関係会社の北海道三井化学は、2017年5月20日、砂川市と共催で科学実験教室を開催しました。
2010年にノーベル化学賞を受賞された鈴木章先生(北海道大学ユニバーシティプロフェッサー名誉教授)をゲストにお招きし、市内の小学生80名が参加しました。
実験教室に先立ち、鈴木先生に「勉強と研究のおもしろさについて」と題し、ご講演いただきました。ご自身がどのように化学の勉強をして、研究者の道を歩まれたかのお話と、将来の可能性のために幅広く興味を持って勉強しよう、海外の友達をつくろうとのメッセージがありました。
実験教室では、砂川高校の生徒の皆さんのご協力を得て、紫キャベツで作った指示薬で液体を識別する実験や、重曹とクエン酸から入浴用発泡剤をつくる実験を行いました。参加した子どもたちからは、「指示薬をつかって水溶液の性質を色の変化で見分けられることがわかった」「理科は苦手だったけど、楽しんで参加できた」「将来化学をやってみたい」といった感想が寄せられました。


鈴木先生にもご参加いただいた実験教室


参加してくれた子どもたちと

ふしぎ探検隊アイテムリスト

※実験タイトル名は変更する場合があります

No.実験タイトル分野関連する当社グループ製品内容
1ウレタンむくむく実験化学化学反応イソシアネート
ポリオール
クッション材、枕や冷蔵庫などの断熱材に使用されているウレタンの発泡の様子を見て、反応熱や硬さの違いを体感する。
2スライム
・自分で作るスライム
・皆で作るジャンボスライム
・光るスライム
・スライムボール
化学ポリマーの性質  「スライム」づくり(ポリビニールアルコールと水をホウ砂によって架橋させる)を通して、水が閉じ込められる原理や身の回りにあるゲルについて学ぶ。
3偏光板で光実験物理  携帯電話などに使用されている自然光を直線光に変える偏光板を使った万華鏡づくりを通して光の通り方を学ぶ。
4クロマトアート化学吸着分離  水性ペンのインクにいろいろな色(色素)が混ざっていることを学ぶ。
5プラ板化学ポリマーの性質樹脂全般 ポリスチレン板の熱収縮の性質を利用したオリジナルアクセサリーづくりを通して、プラスチックの性質や分別について学ぶ。
6浮沈子をつくろう!物理浮力  ペットボトルとプラ製しょうゆ入れから浮沈子をつくり、浮力と圧力について学ぶ。
7紫キャベツで水溶液の性質を調べよう!化学酸とアルカリ  紫キャベツから抽出したアントシアニンを使って、身近な液体の性質を調べ、酸とアルカリについて学ぶ。
8吸水性ポリマーで芳香剤を作ろう!化学ポリマーの性質不織布 紙おむつや園芸用品などで使用されている吸水性ポリマーを使った芳香剤づくりを通して、水を保水する原理を学ぶ。
9レインボータワーを作ろう!物理比重  濃度の異なる色水を試験管に注いでレインボータワーをつくることを通して、溶液の比重について学ぶ。
10冷え冷えルンルン♪ ヒエルンをつくろう!化学溶解熱尿素 肥料や保湿クリームなどに使用されている尿素の溶解熱による吸熱の原理を学ぶ。
11発泡入浴剤のしくみを知ろう!化学酸と塩の反応  重曹とクエン酸を使って発泡入浴剤をつくり、二酸化炭素が発生するしくみを学ぶ。
12酸性雨について知ろう!化学酸とアルカリ
酸化・還元
  紫キャベツ抽出液によるpH測定とヨウ素脱色実験を通して、酸性雨の現象および原因について学ぶ。
13紙すきをしよう!技術リサイクル
紙の作り方
アクリルアマイド 身近にある道具を使って、古紙からの紙の再生を体験してもらい、紙のつくり方やリサイクルについて学ぶ。
14プラスチックを溶かして小物を作ろう!化学ポリマーの性質熱可塑性樹脂全般グルーガンを使って樹脂を溶かし、小物をつくることを通して、熱で溶かして形にしていく熱可塑性樹脂の性質について学ぶ。
15キュッと縮むフィルムのふしぎを体験しよう!化学ポリマーの性質フィルム、
PET等
包装材料として使用されているシュリンクフィルムを使ったオリジナルPETボトルづくりを通して、熱収縮の原理を学ぶ。
16空気の力を見てみよう!物理流体力学  空気砲から出される空気の輪の観察を通して、空気抵抗について学ぶ。
17松ぼっくりに雪をふらせよう!化学結晶尿素 尿素の水溶液を松ぼっくりに噴霧し乾燥する様子を観察することで、結晶の析出について学ぶ。
18ホタルのひかりをつくろう!化学酵素  ホタルからとれる酵素ルシフェラーゼを使った光(生物発光)と、ルミノールを使った光(化学発光)をつくって、その違いを学ぶ。
19油を吸着してみよう!化学ポリマーの性質タフネル®オイルブロッター® 水と油が混ざったものから、油だけを吸着させる実験を通して、吸着材の原理と使われ方、また油流出事故が環境にもたらす影響を学ぶ。
20のびる?ちぢむ?きえる?!
ひみつのプラスチックの性質を調べてみよう!
化学ポリマーの性質アブソートマー® 各種プラスチックフィルムを伸ばしたり、縮ませたり、溶かしたりすることで、その性質を調べる。また、温度に対するポリマー(プラスチック)の変化について学ぶ。

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。