従業員とともに

ダイバーシティの推進

三井化学グループでは、全世界のグループ従業員の間で等しく共有し大切にする3つの価値観「Diversity」「Challenge」「One Team」をコアバリューとして定めています。ここに込められた「多様性を積極的に活かし、社員一人ひとりが生き生きと働ける会社にしよう」という願いを実現するため、Diversity(多様性)とInclusion(包含・協働)の取組を積極的に展開しています。

男女均等に重点を置いた人材多様化を目指し、「女性社員登用推進チーム」の設置(2006年)により始まった当社グループのDiversity & Inclusionの取り組みは、グローバル経営の拡大に伴う「異文化受容・共生」と、障がい者の採用拡大と活躍といった新たな視点を加えて「ダイバーシティ推進チーム」(2011年)そして「ダイバーシティ推進室」(2015年)への改組とともにその活動を拡大しました。コアバリューの具現化を目指すとともに、多様化する社員のキャリア意識や働き方に対する価値観の変化に対応すべく取り組んでいます。

女性社員の活躍推進

当社グループでは、2006年の「女性活躍推進チーム」設置以前より、女性社員のプラントへの配属や、女性総合職の採用など、女性の力を積極的に事業に活かす努力をしてきました。過去10年間、女性が働き続けられる風土の醸成にも力を入れ、着実な前進を遂げているものの、女性の採用比率が年ごとにばらつきがあることや、技術系女性の応募者数・採用数が少ないこと、女性管理職比率が低いことは課題であると考えています。
2025長期経営目標では、女性管理職(課長級以上)比率10%以上(三井化学本体籍社員)を掲げています。現状で低い数字となっているのは、全社員に占める女性の比率が少ないことが一因であるため、女性社員採用比率についても目標値を定めて取り組んでいます。

社長メッセージ

誰もが能力を発揮できる魅力ある企業グループに

当社グループは、社会と当社グループの持続可能な成長のためにダイバーシティが必須であるとの考えから、ダイバーシティをコアバリューのひとつに位置づけています。
ダイバーシティの推進は重要な経営戦略のひとつです。多様な人材による多様な発想は、持続的成長の基盤となるイノベーションの源泉であると考えています。
当社グループは、ダイバーシティ施策のひとつとして、女性社員が活躍できる風土醸成を進めてきました。今後は一層、より高いレベルの仕事にチャレンジする女性社員を応援し、マネジメント層への登用を促進していきます。
社員一人ひとりが自らの強みを最大限発揮し、イノベーションを起こしていく。三井化学グループをそのような魅力ある会社にしたいと思います。

代表取締役社長 淡輪 敏

女性社員採用数・比率

  2016年度
三井化学本体籍採用総数 295人
女性採用数 43人
女性採用比率 14.6%

平均勤続年数(三井化学本体籍社員)

  2016年度
平均勤続年数 男性 19.7 年
女性 21.1 年
合計 19.9 年

外国人社員の活躍推進

当社は、日本で働く外国人社員の採用を2005年に本格的に開始しました。
国内で働く外国籍社員に対し、専用の相談窓口や社内SNSを通じて日常的に情報の交換・共有ができる仕組みを提供するなどして、円滑な仕事と生活を支援するとともに、外国籍社員も働きやすい会社の実現と優秀な人材の確保を目指しています。

  2014年度 2015年度 2016年度
外国人(日本国籍外)社員数
(三井化学本体籍社員)
54人 56人 55人

【2016年活動実績】
① 日本語学習支援
② ビザ手続き支援
③ 日常の問い合わせ対応(人事制度、施策、社則に関する問い合わせ)
④ 日本で就労するにあたり必要な情報発信(英語、日本語)
⑤ ネットワーキング

【2017年活動計画】
① 日本語学習支援(通信教育、日本人社員有志を講師とした勉強会)
② 社内SNS活用強化(ビザ関連情報、生活イベント情報発信等)
③ インクルージョン勉強会実施(異文化理解促進)
④ 人事申請関連マニュアルの英訳作成
⑤ 外国人社員職業生活相談への対応(各事業所にて実施)

障がい者の活躍推進

当社は、障がい者雇用にあたって、法定雇用率の達成にとどまらず、障がい者の方が組織の一員としての実感を持ち、生き生きと活躍できる環境整備を図っています。受入職場に対する「障がい理解教育」を実施するとともに、採用後一定期間の「インキュベーション期間」(環境への適応・習熟支援期間)を設け、それぞれの障がい特性にあわせてスムーズに業務を開始してもらうための工夫を行っています。
また、障がい者だけでなく、様々な個性・特性を持つ人々を組織に受け入れる風土の醸成を目的とした「インクルージョン勉強会」を開催しています。勉強会では、性的マイノリティについて学んだり、障がい者の社員本人が講師として障害や自身の経験について語る場を設けています。

  2014年度 2015年度 2016年度
障がい者雇用比率(三井化学本体籍社員) 2.1% 2.2% 2.3%
障がい者雇用法定比率 2.0% 2.0% 2.0%

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。