従業員とともに

ダイバーシティの推進

三井化学グループでは、「多様性を積極的に活かし、社員一人ひとりが生き生きと働ける会社にしよう」というスローガンのもと、2006年に「女性活躍推進チーム」を設置して、まずは男女均等に重点を置いて人材多様化への取り組みを進めてきました。2011年には、急速なグローバル化という環境変化に対応するべく、同チームを“異文化受容”という視点も含めた「ダイバーシティ推進チーム」へと改編し、多様性活用をさらに推し進める体制を強化しました。2015年には「ダイバーシティ推進室」として再出発し、2006年のスローガンを引き継ぎながら、さらに多様化する社員のキャリア意識や働き方に対する価値観の変化にも対応すべく取り組みを始めています。

ダイバーシティ推進室は、次のような課題と目標に取り組んでいます。

女性社員の活躍推進

当社グループでは、2006年の「女性活躍推進チーム」設置以前より、女性社員のプラントへの配属や、女性総合職の採用など、女性の力を積極的に事業に活かす努力をしてきました。過去10年間では女性が働き続けられる風土の醸成にも力を入れ、確実に進展しました。しかし、女性の採用比率に年ごとにばらつきがあることや、女性管理職比率が低いことは課題であると考えています。
そこで、採用や管理職比率について女性の割合に目標値を掲げ、さらなる推進を図ることとしました。策定した行動計画を確実に実行していきます。

社長メッセージ

誰もが能力を発揮できる魅力ある企業グループに

当社グループは、社会と当社グループの持続可能な成長のためにダイバーシティが必須であるとの考えから、ダイバーシティをコアバリューのひとつに位置づけています。
ダイバーシティの推進は重要な経営戦略のひとつです。多様な人材による多様な発想は、持続的成長の基盤となるイノベーションの源泉であると考えています。
当社グループは、ダイバーシティ施策のひとつとして、女性社員が活躍できる風土醸成を進めてきました。今後は一層、より高いレベルの仕事にチャレンジする女性社員を応援し、マネジメント層への登用を促進していきます。
社員一人ひとりが自らの強みを最大限発揮し、イノベーションを起こしていく。三井化学グループをそのような魅力ある会社にしたいと思います。

代表取締役社長 淡輪 敏

  2009
年度
2010
年度
2011
年度
2012
年度
2013
年度
2014
年度
2015年度
全従業員数 8297人 7878人 7633人 7266人 7129人 6931人 6733人
女性社員数 898人 882人 873人 848人 845人 827人 808人
女性社員比率 11% 11% 11% 12% 12% 12% 12%
女性管理職数 107人 115人 125人 133人 140人 155人 181人
管理職の女性比率 3.2% 3.6% 4.0% 4.2% 4.9% 5.4% 6.2%
管理職(課長級以上)の女性比率 1.2% 1.3% 1.5% 1.6% 1.6% 1.8% 2.0%

外国人社員の活躍推進

当社グループでは、日本で働く外国人社員の採用を2005年に本格的に開始しました。
生活環境の違いや文化の違いに関する悩み解決の一助とするために、日本で生活していく上で必要な各種情報提供を行っています。また、相談窓口を設け日本での生活で困っていることや、キャリアについての相談を受け付ける等、外国人社員が力を発揮できる環境の整備を行っています。

外国人(日本国籍外)社員の人数(15年度末) 57人

【2015年活動実績】
① 日本語学習支援
② ビザ手続き支援
③ 日常の問い合わせ対応(人事制度、施策、社則に関する問い合わせ)

【2016年活動計画】
① 日本語学習支援
② ビザ手続き支援
③ 日常の問い合わせ対応(人事制度、施策、社則に関する問い合わせ)
④ 日本で就労するにあたり必要な情報発信(英語、日本語)
⑤ ネットワーキング

障がい者の活躍推進

当社グループは障がい者雇用にも積極的に取り組んでおり、2004年度以降連続して法定雇用率を満たしています(2015年度:2.2%)。今後も積極的な採用に努める計画です。
また採用した方の職場への定着を目的に、生き生きと働ける風土の醸成、職場環境の整備に努めています。

  2013年度 2014年度 2015年度
障がい者雇用率 2.2% 2.1% 2.2%

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。