人権の尊重

人権についての基本的な考え方

人権の尊重は、グローバルに事業活動を行っていく上で基本となる事項です。三井化学グループは、「三井化学グループ行動指針」および「三井化学グループ人材マネジメント方針」により、法令遵守、個人の多様な個性・考えを尊重し、性別・人種・国籍・ 年齢・宗教などに基づく一切の差別を行わないこと、そしてあらゆるハラスメントを許さず、人権擁護を支持し、尊重することを表明しています。私たちは社会の一員として「誠実な行動」、「人と社会を大切に」、「夢のあるものづくり」を実践することを通じて、サプライチェーン全体における環境・社会的責任を果たしていきます。

三井化学グループは、「世界人権宣言」、国際労働機関(ILO)「労働における基本的原則及び権利に関する宣言」、国連の「グローバル・コンパクト」および「ビジネスと人権に関する指導原則」などの国際的な規範を反映した「人権についての基本的な考え方」を定めています。

三井化学グループの人権についての基本的な考え方

1. 国際基準の支持
当社は、2008年1月に国連グローバル・コンパクトに署名しています。
また、「世界人権宣言」等、国際的に宣言されている基本的人権を尊重し、これを侵害しません。
2. 労働基本権の尊重
当社は、労働者の団結権、団体交渉の権利など、労働基本権を尊重します。
3. 強制労働・児童労働の禁止
当社はあらゆる国・地域におけるすべての企業活動において一切の強制労働や児童労働を行いません。
4. 差別禁止
当社は性別・人種・国籍・年齢・宗教などに基づく一切の差別を行いません。

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。