株主・投資家とともに

三井化学グループは、株主・投資家の皆様をはじめとする様々なステークホルダーとの信頼関係を維持・発展させ、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指しています。
経営層を中心とする株主・投資家の皆様との建設的な対話、公正で透明性の高い情報の適時適切な発信などを通じて、当社全体での積極的なコミュニケーション活動を心がけています。

マネジメントシステム

方針

「コーポレートガバナンス・ガイドライン」の「第2章 株主との関係」および「第5章 情報開示方針」に基づいて、株主・投資家の皆様との積極的な対話に取り組んでいます。

体制・責任者

IR、総務・法務部、経理部を担当する役員が、株主・投資家の皆様との対話を全般的に統括する役割を担っています。また、関係するIR、経営企画、総務・法務、経理の部門においては、一部部員の相互兼務や定期的な情報共有等を通じ、有機的な連携を図っています。株主・投資家の皆様との対話で把握した意見・懸念については、速やかに経営トップをはじめとする社内関係部門にフィードバックを行い、さらなる対話機会の向上や開示の充実につなげています。

モニタリング方法

株主・投資家の皆様との建設的な対話に役立てるため、定期的に、実質株主判明調査等を行い、自らの株主構造の把握に努めています。

目標と実績

2016年度の目標

  • 株主・投資家の皆様へ送付する資料のさらなる充実
  • 機関投資家・アナリストとの対話を重視したIR活動の向上
  • 個人投資家向けIR活動の強化
  • 開示情報の内容充実

2016年度の実績と評価

達成度A

  • 招集通知のフルカラー化およびビジュアル化に加えて、コーポレート・ガバナンス関連の任意的記載事項を拡充
  • 株主通信において、2016年度に策定した長期経営計画について、わかりやすく特集記事を作成
  • 株主総会後のアンケートを実施
  • 国内外機関投資家との定期的なミーティングのほか、マネジメント層との直接対話の機会を重視した経営戦略説明会を実施
  • 個人投資家向け説明会の実施
  • 開示資料の改善に努め、機関投資家向け情報をわかりやすく解説した資料などを、和英でIRサイトへ掲載
  • 上記実績が評価され、公益社団法人日本証券アナリスト協会ディスクロージャー研究会が選定する平成28年度「ディスクロージャー優良企業」受賞

2017年度の目標

  • 株主・投資家の皆様へ送付する資料のさらなる充実
  • 機関投資家・アナリストとの対話を重視したIR活動の向上
  • 個人投資家向けIR活動の強化
  • 開示情報の内容充実

※ 自己評価による達成度:A 95%以上、B 70%以上95%未満、C 70%未満

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。