安全体験コース

【 コースの特徴 】

  • 生産現場で多く発生する各種労働災害を学び、疑似体験する。

【 対象者 】

経験0~5年程度の製造運転者、保全担当者

【 カリキュラム 例 】(10名 / 班)

時間  
8:30 オリエンテーション
9:00 挟まれ・巻き込まれ
酸欠・中毒
墜落・落下・転倒
12:00 昼休憩
13:00 被液
火災・爆発・静電気
研修の振り返り
15:30 解散

被液体験
被液体験

挟まれ・巻き込まれ体験
挟まれ・巻き込まれ体験

酸欠・中毒体験
酸欠・中毒体験

火災・爆発体験
火災・爆発体験

【 カリキュラム内容 例 】

挟まれ・巻き込まれ 挟まれ・巻き込まれの危険に対する感受性と危険予知能力を高める。
  • 挟まれ・巻き込まれ/引っ張り体験を通じて怖さを体感し、その防止方法を考える。
  • 保護カバー、インターロック等の安全装置の重要性を理解する。
火災・爆発・静電気 火災・爆発・静電気の危険に対する感受性と危険予知能力を高める。
  • 3要素が揃うと燃焼が起こり、条件により火災・爆発につながることを実験で知る。
    その怖さを体感し、防止方法の基本を学ぶ。
  • 静電気が容易に発生し着火源となることを実験で理解し、その対策と効果を体感する。

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。