当社製品の再生樹脂使用比率について

2008年2月8日
三井化学ファブロ株式会社

このたび、当社が製造・販売しております「エコハッポート*」について、当社のお客様(2社)が最終製品で取得しているエコマーク認定[再生品使用率70%以上]及びグリーン購入法[同40%以上]を満たすことができない原料構成で生産・販売していたことが判明致しました。お客様、消費者の皆さまをはじめ関係者の方々に多大なご迷惑をおかけいたしましたことを、ここに深くお詫び申し上げます。

エコハッポート:ポリプロピレンに発泡剤を添加し成形したシート状でお客様に納入し、事務用ファイルの表紙等文具用途に用いられています。

エコハッポートの生産・納入数量及び、再生樹脂使用比率については、こちらを参照してください

このような事態を招いたのは、表面の平滑性や色調など品質の維持のご要望に応えていく過程で、これを優先するあまり、基準遵守の意識が稀薄になり、再生樹脂比率を極端に低下させてしまいました。加えて、再生品ではない通常の樹脂を使用することで、「より高い品質の製品を供給している」との甘い認識の下、コンプライアンス、特に環境への社会的重要性について認識が不足していたためでもあります。

この事態を受けて、当社は、お客様に対してお詫びするとともに、本製品の出荷を停止致しました。また、当社の他の製品で同様の事態がないか、徹底した調査を行っております。

今後は、このような事態が二度と起こらぬよう、社長をトップとする対策本部を設置し、内部統制体制の見直しと整備、全社員に対するコンプライアンス教育の徹底に取り組み、皆さまのご理解をいただけるよう、あらためて努力して参ります。

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学ファブロ株式会社 総務部長 水津博 03-5213-3200