PDP用光学フィルター事業終息について

2008年3月10日

各位

三井化学株式会社

当社(社長:藤吉建二)は、このたび、PDP用光学フィルター事業(以下、「本事業」)の終息を決定しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.終息の背景及び理由

当社は、機能材料事業本部において、PDP用光学フィルター事業を展開しておりますが、昨今、PDP、液晶等の薄型テレビはその普及とともに急激な低価格化が進行しており、併せて、同テレビの部材であります光学フィルターにつきましても、急激な価格下落が進行しております。

こうした状況に対応し、当社は、抜本的なコストダウンに取組んでまいりましたが、販売価格の下落に追いついておらず、損益も非常に厳しい状況が継続しております。

当社は、このような状況が今後も継続・進展し、近い将来に改善することは困難と判断し、本製品の製造、販売を終息させることといたしました。

当社は、先般策定した2008年度からの中期経営計画において、機能材料事業本部の使命を「成長ドライバーたる高収益体質の獲得」と定め、「機能性ポリマーズ拡大と大胆な事業の組み換え」を基本戦略として事業展開を進めてまいる所存です。

2.事業終息の概要

(1)本事業の概要:PDP用光学フィルターの製造・販売
(2)終息の時期:2008年3月末

3.業績に与える影響

本事業終息に伴い、損失の発生が見込まれますが、単独及び連結の業績見通しは現在集計中であります。

業績見通しが明らかになった段階で必要があれば、業績予想の修正を行う予定です。

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 CSR・広報部 TEL 03-6253-2100

PDP用光学フィルター事業終息について(PDF:88KB)pdfファイルを開く