グリセリンからプロピレングリコール製造技術の開発

2008年8月18日

各位

三井化学株式会社

  当社(社長:藤吉建二)は、これまでに蓄積してきた触媒技術を展開し、グリセリンからプロピレングリコールを製造する高性能触媒を開発いたしました。この新触媒は活性、選択性ともに高く、95%以上の収率でプロピレングリコールを得ることができます。

  プロピレングリコールの世界需要は150万T(2007年)であり、主に不飽和ポリエステル原料や不凍液、液体洗剤の添加剤などに利用されております。また、年々生産量が増加するバイオディーゼル燃料を製造する際の副生物でもあるグリセリンは、再生可能な資源として近年注目を集めております。今後のバイオディーゼル燃料の生産拡大に伴って、副生グリセリンも増加すると予測されており、グリセリンからプロピレングリコールを製造する技術の開発が、世界で活発化しております。

  現在、本技術開発は、実用化に向けて、触媒寿命試験および製造プロセス開発段階に進んでおり、今後、開発をさらに加速してまいります。

グリセリンからプロピレングリコール製造技術の開発

本件に関するお問い合わせ先

CSR・広報部TEL:03-6253-2100

以上


グリセリンからプロピレングリコール製造技術の開発(PDF:145KB)pdfファイルを開く