三井化学 第4回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2009)」開催について

2009年3月13日

各位

三井化学株式会社

当社(社長:藤吉建二)は、3月11-12日、千葉県木更津市のかずさアカデミアホールにて、「人類の発展に貢献する触媒科学」をテーマに「三井化学 第4回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2009)」を開催し、国内外の産・官・学の各種機関から、延べ1,600人の参加をいただきました。 「三井化学 触媒科学国際シンポジウム(MICS)」は当社が2003年より「夢のあるものづくり」を支える触媒科学の発展を目的として開催しており、今回が4回目となります。
本シンポジウムでは、ノーベル化学賞受賞者であるHoffmann教授(コーネル大学、米)、ウルフ賞受賞者であるKagan名誉教授(パリ南大学、仏)をはじめ、世界の触媒科学の先導者10名から、21世紀の環境、エネルギー、そして資源に関わる課題を解決し、これからの人類の持続的な発展を支えるキーサイエンスである触媒科学分野における現状と可能性に関して、ご講演をいただき、活発な討議と研究交流が行われました。
あわせて、触媒科学の分野で優れた業績をあげた研究者を表彰する2009年『三井化学 触媒科学賞』および『三井化学 触媒科学奨励賞』の授賞式および記念講演もとり行われました。

1.シンポジウム名称

三井化学 第4回 触媒科学国際シンポジウム
「人類の発展に貢献する触媒科学」
(The Fourth Mitsui Chemicals International Symposium on Catalysis Science,
Catalysis Science and Its Contribution to Future Human Development)

2.開催期日・会場

期日: 2009年3月11日(水)~12日(木)
会場: かずさアカデミアホール(千葉県木更津市)

3.講 演 者

基調講演(2件)

  • Roald Hoffmann 教授 (コーネル大、米)
  • Henri B. Kagan 名誉教授 (パリ南大学、仏)

招待講演(8件)

  • Bernard Witholt 名誉教授 (スイス連邦工科大学チューリッヒ校、スイス)
  • Robert J. Farrauto 博士 (BASF Catalysts LLC、米)
  • Kyriacos C. Nicolaou 教授 (スクリプス研究所 / カリフォルニア大学サンディエゴ校、米)
  • Barry M. Trost 教授 (スタンフォード大学、米)
  • 根岸 英一 教授 (パデュー大学、米)
  • 岩澤 康裕 教授 (東京大学)
  • 柴崎 正勝 教授 (東京大学)
  • 田脇 新一郎 博士 (三井化学株式会社、触媒科学研究所)

受賞記念講演(4件)

2009年『三井化学 触媒科学賞』受賞者

  • John F. Hartwig 教授 (イリノイ大学、米)
  • 野崎 京子 教授 (東京大学)

2009年『三井化学 触媒科学奨励賞』受賞者

  • 松永 茂樹 講師 (東京大学)
  • 中尾 佳亮 助教 (京都大学)

4.参加者

約1,600名

5.開 催 団 体

主催

三井化学株式会社

後援

(自治体)千葉県、袖ケ浦市、市原市、木更津市、茂原市
(学 会)日本化学会、高分子学会、触媒学会、石油学会、有機合成化学協会、化学工学会

以上

別紙-1:当社藤吉社長による開会挨拶
別紙-2:講演内容の要旨

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 CSR・広報部長 山崎 真TEL:03-6253-2100

三井化学 第4回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2009)」開催について(PDF:472KB)pdfファイルを開く