厚生労働省による「仕事と生活の調和推進プロジェクト」における
当社の「アクションプログラム」等の表明について

2009年3月31日

各位

三井化学株式会社

当社は、2008年4月から厚生労働省による「仕事と生活の調和推進プロジェクト*」に選定10社中の1社として参加しており、今般「アクションプログラム」等を発表いたしました。

*
厚生労働省HP http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/sigoto-seikatu/index.html別ウィンドウで開く

「アクションプログラム」とは、当社を含む参画企業10社それぞれが独自に策定した、仕事と生活の調和の実現に向けた09年度の取組事項等をいいます。具体的には以下のとおりです。

<三井化学の「アクションプログラム」等>

08度の重点実施事項は以下のとおりでした。

今年度の重点実施事項

  1. 育児・介護と仕事が両立しやすい環境づくり
  2. 「ゆとり」創出に向けた時間づくりとその活用支援

当社の取組内容とその結果

  1. 育児・介護従事者の転勤希望申請、退職後復帰登録プログラム導入、育児・介護休業制度の取得要件拡大、育児・介護従事者を対象とする在宅勤務制度導入、会社託児所の設置
  2. 「会議効率化ルール」の制定・推進、「ノー残業・年休取得活動」の展開。社会活動休暇新設

取組結果の評価と課題認識

  1. 育児・介護従事者を支援する制度・プログラムは、09年4月時点で充分に拡充される。今後は、利用しやすい環境の整備が課題。
  2. 「会議効率化ルール」及び「ノー残業・年休取得活動」浸透に向けた、意識改革・業務改革の推進が課題。

09年度の仕事と生活の調和の実現に向けた「アクションプログラム」を発表します!

我が社のスローガン ライフで充電 ワークも充実

「アクションプログラム」は以下のとおりです!

  1. 育児・介護と仕事が両立しやすい環境づくり
    育児・介護支援制度及び各種プログラムに対する、社員の理解度向上
  2. 「ゆとり」創出に向けた時間づくり
    「ノー残業・年休取得活動」の浸透に向けた、意識改革・業務改革の推進

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 CSR・広報部長 山崎 真TEL:03-6253-2100

厚生労働省による「仕事と生活の調和推進プロジェクト」における当社の「アクションプログラム」等の表明について(PDF:113KB)pdfファイルを開く