厚生労働省 均等・両立推進企業表彰 均等推進企業部門「東京労働局長優良賞」受賞

2009年10月13日

各位

三井化学株式会社

当社(社長:田中稔一)は、厚生労働省より2009年度均等・両立推進企業表彰 均等推進企業部門「東京労働局長優良賞」を受賞しました。この表彰は、女性社員の能力発揮を積極的に促進する企業として、他の模範ともいうべき取り組みを推進している企業を表彰し、広く国民に周知することにより、男女ともそれぞれの職業生活の全期間を通じて持てる能力を発揮できる職場環境の整備に資するために実施されているものです。

この度の受賞は、当社の「職場環境・風土の改善」「女性社員の新規採用拡大」「女性社員の管理職登用」の取り組み等が認められたものです。本日10月13日、東京労働局にて表彰式が行われました。

1. ポジティブ・アクション推進体制

当社は、2006年度から「女性社員登用推進チーム」を設置し、女性社員の活躍推進に取り組んでまいりました。社内報や同チームのホームページに社長メッセージや活動報告を定期掲載し、ポジティブ・アクション に対する社員の理解を深めてきました。また、継続的に組織風土調査を行うことで社内の現状把握に努め、女性役員が事業所を訪問し女性社員の座談会を開催するなど、社員のネットワーク作りを行っています。

*ポジティブ・アクション
固定的な性別による役割分担意識や過去の経緯から、男女労働者間に事実上、生じている差があるとき、それを解消しようと企業が具体的な目標を定めて行う自主的かつ積極的な取り組み

2. ポジティブ・アクション取組内容

新規採用では、大卒女性採用割合を2005年から20~30%に拡大する目標を設定しました。また、全社的取り組みの一環として役員が女性社員登用促進に積極的に参画し、女性社員の育成配置を行っています。時間づくりでは、2008年からノー残業活動として「毎日の退社時間宣言」「週1日のノー残業デー設定」「四半期毎の年休取得計画作成」を実施しています。

ポジティブ・アクション取組成果

  2006年度 2007年度2008年度
女性採用割合(大卒)※ 21% 25%22%
女性管理職数(課長クラス) 9名 11名11名
女性管理職数(係長クラス) 70名 75名83名
2004年度は10%、2005年度は17%
2009年4月 部長クラスの女性管理職が2名に

今後は、ワーク・ライフバランス推進を加速しつつ、全社員一人ひとりがいきいきと働ける会社の実現を目指します。

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 広報部長 裾分 啓士TEL:03-6253-2100

以上


厚生労働省 均等・両立推進企業表彰 均等推進企業部門「東京労働局長優良賞」受賞(PDF:110KB)pdfファイルを開く