ブラジル現地法人の設立について

2009年11月2日

各位

当社(社長:田中稔一)は、この度、ブラジルに現地法人を設立することを決定しましたので、以下のとおりお知らせ致します。

ブラジル現地法人の概要

1.会社名Mitsui Chemicals Brasil Sociedade Limitada
2.事業概要・地域密着営業による既販売製品の事業支援及び市場開拓・販売促進
・新たなビジネスチャンス発掘のための市場調査
3.設立時期2010年6月
4.資本金1.8百万レアル(約1億円)
5.出資比率三井化学 99%、Mitsui Chemicals America 1%
6.所在地ブラジル連邦共和国 サンパウロ州 サンパウロ市

ブラジルは、経済成長著しいBRICs、VISTAといった新興国諸国の中でも、広範な産業分野において目覚しい成長を続けています。
(※VISTA:ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)

特に、世界最大の食肉・農産物の輸出国、世界第6位の自動車生産国で、包装材・自動車材分野を中心に大きなビジネスチャンスが期待されております。

当社グループは、主に包装材・自動車材分野で使用される高機能樹脂であるアドマー、PP自動車材において世界トップレベルのシェアを持っており、南米、特にブラジルでの一層の拡販を図っていく所存です。

また、既販売製品の拡大のみならず、ブラジルで盛んなバイオ産業など南米での新たなビジネスチャンス発掘のための市場調査にも取り組んでいきます。

当社グループの事業戦略見直しの基本方針は、「国内での勝ち残り、海外での事業拡大」であり、成長する南米の市場をいち早く獲得することにより、競争優位事業における更なる事業拡大を進めてまいります。

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 広報部長 裾分 啓士TEL:03-6253-2100

以上


ブラジル現地法人の設立について(PDF:98KB)pdfファイルを開く