フェノールの合弁事業に向けた基本合意について

2009年11月2日

三井化学株式会社
中国石油化工股份有限公司

三井化学株式会社(以下、三井化学 本社:東京都港区、社長:田中 稔一)及び中国石油化工股份有限公司(以下、Sinopec 本社:中国北京市、総裁:王 天普)は、両社のビスフェノールA(BPA)合弁会社である「上海中石化三井化工有限公司(SSMC)」においてBPAの原料であるフェノールの合弁事業を行うことについて、合意しましたので、お知らせ致します。

両社は、国際競争が激化する事業環境下で、アジア最大のフェノールメーカーである三井化学と、中国最大のフェノールメーカーのSinopecが提携することで、アジア需要の獲得を行うと共に、Win-Win関係の構築により世界トップのフェノール連合を実現します。できるだけ早期にフェノールプラントを新設し、既設の上海中石化高橋分公司のフェノールプラントも合弁会社に統合します。これらにより本年1月より営業運転を開始しているSSMCのBPA年産12万トンプラントの競争力も一層強化されます。

両社は、本年内に、国家環境保護部に対し環境申請を行い、2013年に新プラントの営業運転開始を予定しています。

フェノール合弁事業の概要

1. 所在地中国上海市・上海化学工業区
2. 出資比率50:50(現SSMCの比率に同じ)
3. 生産能力新設 フェノール年産25万トン、アセトン年産15万トン
※併せて、上海中石化高橋分公司の既設プラント(フェノール:年産12.5万トン、アセトン:年産7.5万トン)を、SSMCに統合します。
これにより、SSMCの生産能力は、フェノール年産37.5万トン、アセトン年産22.5万トン、BPA年産12万トンとなります。
4. 新プラントプロセス(フェノールプロセス)三井化学技術
5. 営業運転開始時期2013年第2四半期

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 広報部長 裾分 啓士電話:03-6253-2100
中国石油化工股份有限公司 弁公庁 王皓電話:86-10-59969720

以上