2010年度入社式社長挨拶(要旨)

2010年4月1日

各位

三井化学株式会社
社長 田中 稔一

 入社おめでとうございます。
 大きな期待を持って、新しい人生の第一歩を踏み出されたことと思います。三井化学グループを代表して、心より歓迎致します。
 一昨年のリーマンショックに始まった世界同時不況や、日米同時の政権交代により、社会の価値観は想像以上のスピードで変化しています。この変化は、ある面ではピンチでありますが、環境・エネルギー・健康・医療などの新しい分野が脚光を浴びるなど、我々化学業界にとっては新しいビジネス発掘の絶好のチャンスでもあります。
 化学が社会に対して果たす役割が飛躍的に拡大する、正に変革期に入社された皆さんに、是非とも心に留めていただきたいことを4点挙げます。自分の人生をどのように生きるのか、困難に挑戦し努力するのか、流れに身を任せるのか、それは皆さんの心構え次第です。

  1. 壁にぶつかり、悩んだときは、直面する問題から逃げずに真正面から取り組み、苦しみながらも必死に考え、挑戦すること。
  2. 判断に迷ったときは、自分の侵すべからざる矜持をしっかり持って、あえて自分にとって厳しい道を選択すること。
  3. 何にでも興味を持つことで、さまざまな人文科学の面白さを学び、豊かな人生を経験すること。
  4. 何事にも自分で考え、自分で行動し、自分で責任を取ること。

 三井化学グループは、世界的に定評のある触媒技術や生産技術、世界中に展開・拡大しているコアビジネスなど“宝の山”をたくさん持っています。これは皆さんの未来にとっても大きなチャンスです。この“宝の山”と若さの特権である“挑戦する勇気”を大事にして、大きく飛躍してください。
 「企業は人なり、人は企業なり」です。常に自分の内面を磨き、向上心を失わないこと、そして皆さんが立派な社会人に成長することこそが、そのまま三井化学グループの企業価値を向上させることになります。
 共に高い志を持ち、常に向上心を失わず、この三井化学グループが真の優良な企業集団に変革できるよう、一緒に頑張りましょう。

以上


2010年度入社式社長挨拶(要旨)(PDF:112KB)pdfファイルを開く