リチウムイオン電池用原料(エチレンカーボネート)製造の合弁会社設立の
お知らせ

2010年4月19日

東亞合成株式会社
〒105-8419 東京都港区西新橋1-14-1
管理部IR広報室

三井化学株式会社
〒105-7122 東京都港区東新橋1-5-2
汐留シティーセンター
IR・広報部

東亞合成株式会社(代表取締役社長 橋本 太、以下「東亞合成」)と三井化学株式会社(代表取締役社長 田中 稔一、以下「三井化学」)は、エチレンカーボネート(以下、EC)の製造を行う合弁会社を設立することで基本合意に至りましたのでお知らせします。

ECは、リチウムイオン二次電池(以下、LiB)用電解液の主要原料で、これまで東亞合成は名古屋工場においてECを製造しており、今後のLiB市場の拡大に伴うECの需要増大に対応するための設備増強を検討してきました。今般、東亞合成と三井化学は、EC原料であるエチレンオキサイド(以下、EO)を三井化学大阪工場から供給し、東亞合成独自技術によりECの製造を行う合弁会社を設立することで基本的に合意しました。
新合弁会社の製造設備は、三井化学大阪工場敷地内に設置し、販売業務は従来どおり東亞合成が担います。なお、東亞合成は、名古屋工場におけるEC製造も継続します。
LiBの需要は、パソコン、携帯電話用途に加え、電気自動車、プラグイン自動車、ハイブリッド自動車の普及とともに世界的に拡大する見込みです。その電解液の主要成分となるECの需要も2012年以降に急拡大が見込まれており、東亞合成としては、そのような市場動向を先取りしたEC製造能力の増強を目的に、また三井化学は、大阪工場へのEO誘導品事業誘致によるEO事業競争力強化と大阪工場基盤強化を目的として、今回の合弁会社設立に基本合意しました。新合弁会社の概要は下記の通りです。

新合弁会社概要

社 名 MTエチレンカーボネート株式会社
本社所在地 東京都港区
出資比率 東亞合成 90%、三井化学 10%
生産能力 5,000トン/年
設備投資額 10億円程度
設置場所 三井化学株式会社 大阪工場敷地内
完成予定 2011年秋

以上

本件に関するお問い合わせ先

東亞合成株式会社 IR広報室 TEL:03-3597-7250
FAX:03-3597-7217
三井化学株式会社 IR・広報部 TEL:03-6253-2100
FAX:03-6253-4245

リチウムイオン電池用原料(エチレンカーボネート)製造の合弁会社設立のお知らせ(PDF:164KB)pdfファイルを開く