中国におけるフェノール及びアセトンプラント新設について

2010年8月4日

三井化学株式会社

当社(以下、三井化学 本社:東京都港区、社長:田中稔一)は、中国石油化工股份有限公司(以下、Sinopec 本社・中国北京市、総裁:王天普)と昨年12月に、フェノール及びアセトンに関しては「新設プロジェクトに関する検討覚書」、EPT(エチレン・プロピレン・ジエン共重合ゴム※1)に関しては「合弁事業推進のためのFSに関する意向書」を締結し、検討を進めてまいりました。

この度、両社は、フェノール及びアセトンプロジェクトに関して、中国・上海市にフェノール年産25万トン、アセトン年産15万トンのプラントを新設(2013年第2四半期営業運転開始予定)することに正式に合意しましたのでお知らせ致します。

また、EPTに関してもFSは順調に進捗し、「新設プロジェクトに関する検討覚書」を締結いたしました。合弁の正式合意は9月の予定です。

三井化学とSinopecはフェノール及びアセトンの新たなプラント建設により、原料から誘導品(ビスフェノールAなど)までの一貫競争力をもった世界有数のフェノール及びアセトンのコンプレックスが実現できます。
フェノール・アセトンの合弁プロジェクトの概要については、以下のとおりです。

フェノール及びアセトン合弁プロジェクトの概要

1. 所在地 中国上海市・上海化学工業区
2. 合弁会社 上海中石化三井化工有限公司(以下、SSMC)※2にて実施
3. 生産能力 新設 フェノール年産25万トン、アセトン年産15万トン (※併せて、上海中石化高橋分公司の既設プラント(フェノール:年産12.5万トン、アセトン:年産7.5万トン)を、SSMCに統合します。)
4. 新プラントプロセス
(フェノールプロセス)
三井化学技術
5. 営業運転開始時期 2013年第2四半期
6. 設備投資額 300億円規模

(※1)EPT:耐候、耐オゾン性、耐熱・耐寒性、電機特性、耐化学薬品性に優れており、自動車部品、電線ケーブル、その他工業部品に幅広く使用されています

(※2)上海中石化三井化工有限公司(SSMC):2006年設立の三井化学、Sinopec両社折半出資のビスフェノールA合弁会社。同社は、昨年1月に年産12万トンのプラントを稼動させております。

調印式(左:Sinopec 王総裁、右:三井化学 田中社長)

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部長 裾分 啓士 TEL:03-6253-2100

中国におけるフェノール及びアセトンプラント新設について(PDF:184KB)pdfファイルを開く