ボトル用PET樹脂事業の統合による「MCTペットレジン株式会社」設立について

2011年3月1日
三井化学株式会社
帝人株式会社

三井化学株式会社(以下、「三井」。本社:東京都港区、社長:田中稔一)と、帝人グループで樹脂事業を担う帝人化成株式会社(以下、「帝人化成」。本社:東京都千代田区、社長:酒井和幸)は、日本国内におけるボトル用PET(ポリエチレンテレフタレート)樹脂事業を統合し、両社合弁による新会社「MCTペットレジン株式会社」(本社:東京都港区、社長:宮入信)を設立しました。
新会社の概要は下記のとおりで、本年4月1日より営業を開始します。

MCTペットレジン株式会社は、三井、帝人がそれぞれに展開しているPET樹脂原料事業とのシナジー効果を含めたサプライチェーン一貫での競争力を徹底的に強化するとともに、高い品質とコスト競争力で顧客のニーズに応えつつ、事業価値の最大化を図ってまいります。

「MCTペットレジン株式会社」の概要

項目 内容
社名 MCTペットレジン株式会社 (MCT PET Resin Co., Ltd.)
代表者 社長 宮入 信
事業内容 日本国内におけるボトル用PET樹脂の生産、販売、研究及び技術サービス
所在地 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
資本金 4.9億円
出資比率 三井 80%、帝人化成 20%
(注) 帝人化成(株)は帝人(株)の100%子会社です。
生産能力 14.5万トン/年(三井の岩国大竹工場に全量生産を委託)
売 上 高 約250億円(2009年度両社合算値)
従業員数 8名
営業開始日 2011年4月1日(予定)

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100
帝人株式会社 広報・IR室TEL:03-3506-4055

ボトル用PET樹脂事業の統合による「MCTペットレジン株式会社」設立について(PDF:98KB)pdfファイルを開く