東北地方太平洋沖地震に伴う当社の対応について

2011年3月14日
三井化学株式会社

2011年3月11日に発生いたしました東北地方太平洋沖地震につきまして、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。地震による当社グループへの影響につきまして下記のとおりお知らせいたします。

1. 人的被害について

当該地域に所在する事業所において、地震発生当時に事業所内にいた従業員に被害はありませんでした。現在、事業所にいなかった従業員と、家族の安否確認を継続するとともに、被災者とその家族の生活支援を最優先に取り組んでおります。

2. 各事業所の操業状況について

①鹿島工場(茨城県神栖市)

  • 地震発生後より、ウレタン原料等全てのプラントの運転を停止中です。
  • 今後は、津波による冠水の被害状況等の詳細を確認の上、復旧計画を策定予定です。

②市原工場(千葉県市原市)

  • エチレンプラントは、通常通り稼働しております。
  • 地震発生後より、三井・デュポン ポリケミカルと千葉フェノールのプラントの運転を停止中ですが、計画停電の影響等をふまえた上で、順次稼働を開始します。

③茂原分工場(千葉県茂原市)

  • 地震発生後より、アクリルアマイドや塗料トナー用バインダー樹脂等、全てのプラントの運転を停止中ですが、計画停電の影響等をふまえた上で、順次稼働を開始します。

上記以外の事業所につきましては、通常通り稼働を継続しております。

3. 計画停電(輪番停電)への対応について

当社は、東日本大震災に伴う計画停電(輪番停電)の実施に伴い、東京電力殿が実施する節電施策に全面的に協力する所存です。対象となる事業所につきましては、自家発電の最大活用や不要不急の電気の使用自粛等、停電の影響を最小限に食い止めるべく、対応してまいります。

この度の東北地方太平洋沖地震により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。被災地の1日も早い復興を心より祈念するとともに、三井化学グループとして、全力を挙げて支援してまいります。

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

東北地方太平洋沖地震に伴う当社の対応について(PDF:118KB)pdfファイルを開く