インドOPaL社向け高密度ポリエチレン製造技術ライセンス供与について

2011年7月11日
三井化学株式会社

当社(社長:田中稔一)は、韓国Samsung Engineering Co.Ltd.(社長:K.S. Park)と共同で、インドONGC Petro additions Limited (以下「OPaL社」、社長:P.K.Johri)と、高密度ポリエチレン(以下「HDPE」)製造プラントの設計、調達、建設及び技術ライセンス契約を締結致しました。

この契約におきまして、当社はOPaL社に対しHDPE製造技術ライセンスを供与し、Samsung Engineering社が本技術に基づきプラントの設計、調達及び建設を実施致します。
技術ライセンスの概要は次のとおりです。

<技術ライセンスの概要>

  1. ライセンス対象技術 : 当社保有のHDPE製造技術
  2. プラント建設地 : インド グジャラート州ダヘジ経済特区
  3. 生産能力 : HDPE 34万トン/年
  4. 契約締結日 : 2011年6月28日
  5. プラント完工時期 : 2014年(予定)

OPaL社は、石油天然ガス公社(Oil & Natural Gas Corporation Limited, 社長:A.K.Hazarika)他の合弁会社であり、本HDPEプラントは、同社が現在建設中の石化コンプレックスの下流にあたります。

当社のHDPEプロセスは、高品質なHDPEが製造できる技術として、高い評価を受けております。 本契約により、インドでの当社技術によるHDPE生産能力は、OPaL社以外の既存2件のプラントを含め合計86万トン/年となり、全世界では、合計約620万トン/年となります。

当社は、HDPE及びポリプロピレンの製造技術のライセンスを基盤事業の一つとして位置づけています。今後も、当該技術の競争力を強化することにより、成約件数の一層の拡大を図ってまいります。

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

インドOPaL社向け高密度ポリエチレン製造技術ライセンス供与について (PDF:86KB)pdfファイルを開く