ブラジル農薬会社「イハラブラス」の株式取得について
–農業化学品事業のグローバル展開の加速–

2011年10月6日
三井化学株式会社
三井化学アグロ株式会社

三井化学アグロ株式会社(社長:金井 健彦、以下「三井化学アグロ」)は、ブラジル連邦共和国の農薬会社であるIharabras S.A.(以下「イハラブラス」)につき、同社株主であるAgroinvest Kayatani S.A.との間で株式譲渡契約を締結し、9月26日(ブラジル現地時間)にイハラブラスの発行済み株式の11.89%を取得いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 株式取得の目的

三井化学株式会社(社長:田中 稔一)は、2011年度中期経営計画において、農業化学品事業を景気変動による影響を受け難い「重点5事業」の一つとして位置付け、早期拡大を図っています。
 この中期経営計画の基本戦略に基づき、三井化学グループで農業化学品事業を行っている三井化学アグロは、海外事業の一層の拡大のため、成長が見込まれるブラジル市場における事業強化を重要な戦略課題の一つとして位置づけています。
一方、イハラブラスは、三井化学アグロで生産する農薬原体(*1)を使用した製剤(*2)の製造・販売を通じ、これまで良好な関係を築いてきた重要なパートナーです。
今回の株式取得により、三井化学グループでは現地有力企業であるイハラブラスとの関係を強化し、同地域での事業ノウハウ・情報の取得、当社薬剤の市場拡大及び新規薬剤の開発促進につなげ、農業化学品事業の更なる強化・拡大を図ってまいります。

*1
原体:農薬の有効成分
*2
製剤:原体の希釈・調合・加工等を行い、そのまま農業に使用できる状態にした製品
 

2. イハラブラスの概要

(1) 社名 Iharabras S.A. Indústrias Químicas
(2) 主な事業内容 農薬の製剤製造・販売
(3) 設立 1965年3月18日
(4) 所在地 ブラジル サンパウロ州 ソロカバ市
(5) 代表者 Julio Borges Garcia
(6) 売上高(2010年) 498百万ブラジルレアル(約249億円)

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100
三井化学アグロ株式会社 総務部TEL:03-3573-9501

ブラジル農薬会社「イハラブラス」の株式取得について (PDF:125KB)pdfファイルを開く