タイにおけるポリプロピレン自動車材能力増強について
–世界トップ5事業のグローバル拡大 –

2012年1月17日
三井化学株式会社
株式会社プライムポリマー

三井化学(社長:田中稔一)及びプライムポリマー(社長:大多和保彦)は、ポリプロピレン(PP)自動車材の需要拡大に対応するため、タイにおいて、合計18千トン/年の生産能力を増強致します。

<増強計画の概要>

地域 社名 生産能力(千t/年)
現状 増強 増強後
タイ Grand Siam Composites Co.,Ltd. 122 18 140
  • 新規ライン増設による生産能力増加(18千t、2012年3Q営業運転開始予定)
  • 同時に、より一層顧客への迅速かつ正確なデリバリー対応のため自動立体倉庫を新設。

当社グループは、2011年度中期経営計画の基本戦略において、世界トップの競争力を持つPP自動車材事業の更なるグローバル展開を打ち出しました。

タイでは、2011年は洪水の影響もあり、一時的に自動車生産に影響が出ましたが、同国は将来も自動車のASEAN最大の生産拠点、輸出拠点であることに変わりはありません。
また今回の増強で、伸長著しいインドネシアなど周辺国の需要を積極的に取り込み、ASEAN域内でのプレゼンスをより強固にします。

当社グループのPP自動車材事業は、世界7つの地域(日本、アメリカ、メキシコ、欧州、タイ、中国、インド)で事業展開し、生産体制の強化・拡大を進めており、今回のタイの増強により、世界トップクラスの供給力をさらに強化します。

今後とも自動車メーカーに対し、高品質の製品を供給する製造・販売・技術サービス体制を整備し、さらなる事業の強化・拡大を積極的に進めていきます。

参考資料

<Grand Siam Composites Co.,Ltd.の会社概要>

  • (1) 設立: 1996年2月
  • (2) 資本金: 63.7百万バーツ
  • (3) 出資: 三井化学 45.2%、プライムポリマー 3.0%、SCG Chemicals 46.2%、他 5.6%
  • (4) 本社: タイ国 バンコク
  • (5) 工場: タイ国 ラヨン県マプタプット

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

タイにおけるポリプロピレン自動車材能力増強について (PDF:240KB)pdfファイルを開く