ハイドロキノンの能力増強(岩国大竹工場)

2012年1月31日
三井化学株式会社

当社は、岩国大竹工場において、ハイドロキノンの生産能力を1千トン/年(+8.7%)増強します。

場所 製品 生産能力(千t/年)
現状 増強 増強後
岩国大竹工場 ハイドロキノン 11.5 1 12.5
  • 2013年6月完工予定

ハイドロキノンは、主に、重合抑制剤、ゴムの老化防止剤の原料、顔料などに使用されます。
重合抑制剤として使用されるアクリル酸、メタクリル酸メチル及びアクリロニトリルの需要はアジアを中心に世界的に堅調であり、今後も需要の伸長が期待されます。
それに伴いハイドロキノンの需要も伸長し、需給はより一層タイトに推移することが予想されます。
当社は、世界最大規模のハイドロキノンプラントを岩国大竹工場に有しており、既に供給力はアジアトップです。
今回の増強により、更に競争力を向上させ、伸長するハイドロキノンの需要を取り込み、アジアトップメーカーとしての供給力をさらに強化します。

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

ハイドロキノンの能力増強(岩国大竹工場) (PDF:104KB)pdfファイルを開く