ウレタン事業に関するSABIC社との提携検討開始及び事業再構築について

2012年2月28日
三井化学株式会社

当社(社長:田中 稔一)は、サウジ基礎産業公社(Saudi Basic Industries Corporation 以下「SABIC社」、本社:サウジアラビア王国リヤド、CEO:Mohammed Al-Mady)との間で、ポリウレタン原料であるTDI及びMDIの製造技術ライセンス供与契約を締結するとともに、将来の事業提携の検討を行うことに合意しましたので、これらを含めたウレタン事業の再構築について、下記のとおりお知らせ致します。

1. ライセンス供与契約の概要 (本日別途発表のとおり)

・ライセンス対象技術 : 当社が保有するTDI及びMDI製造技術
・契約締結日 : 2012年2月26日
・プラント運転開始時期 : 2016年(予定)
・立地 : サウジアラビア王国Al-Jubail地区

2. SABIC社との事業提携検討

当社は、SABIC社との間でウレタン事業における提携を検討することに合意いたしました。当社がSABIC社をウレタン事業の提携先とした理由は次のとおりです。

① SABIC社は、ポリウレタン事業への参入を強く希望しており、また当社のTDI・MDI製造技術を高く評価し、当社からの技術ライセンスを希望していること
② 中東において安価な原燃料をベースとした競争力あるTDI・MDIの供給拠点を確保できること
③ 当社ウレタン事業の川下に当たるコーティング・機能材及びシステムハウス向けに、競争力あるTDI・MDIを入手できること

SABIC社は、今後当社技術により世界で最も競争力のあるTDI及びMDIプラントの建設に向けた基本設計を開始します。
当社は、SABIC社との事業提携の検討を行い、プラント基本設計終了予定の2013年度を目途に、経済性等を精査の上、同社との合弁事業への参画を含めた提携最終案につき決定する予定です。

3. PPGの生産効率化

ポリウレタン原料の一つであるPPG(ポリプロピレングリコール)については、中長期的には国内需要が漸減するものと見込まれます。
そのため、当社は90%出資の子会社である千葉ポリオールでのPPG生産(能力2.8万トン/年)を2012年6月をもって停止し、従来の国内3拠点体制から、名古屋工場及び徳山分工場の2拠点体制と致します。
これにより、生産効率化による一層のコストダウンを実施し、収益力の向上を図ってまいります。

4. 今後のウレタン事業の方向性

TDI及びMDIは、既存の国内拠点、韓国の錦湖三井化学及び上記のサウジアラビアでの新設プラントでの最適生産体制を取り、将来的には海外拠点からの供給をメインにしてまいります。一方、重点5事業の一つであるコーティング・機能材については、積極的な海外投資を含め、更なる事業の強化を図ります。
また、大牟田工場及び鹿島工場を中心とした国内拠点においては、先般実施した固定資産の減損による減価償却負担軽減とともに、2015年度までに2010年度比80億円以上のコストダウンを目指して最大限前倒しで各種施策を実行しており、このうち30億円を2011年度末までに削減する見込みです。
今後は、更なるコストダウンと交易条件の改善に努め収益力を向上させるとともに、SABIC社へのライセンス供与に関するマザー工場としての役割も果たしてまいります。
さらに、工場の基盤強化策として、中長期的には農薬・メガネレンズモノマーなどの機能化学品や、塗料・接着剤などに用いられる高付加価値のイソシアネートへの投資により工場のポートフォリオを変革すべく、現有事業の拡大と新規製品の開発を加速してまいります。

参考資料

【SABIC社の概要】

名称 : サウジアラビア基礎産業公社(Saudi Basic Industries Corporation)
所在地 : サウジアラビア王国 リヤド市
事業内容 : 総合化学、鉄鋼
資本金 : 30 billionサウジアラビア・リヤル(約6400億円)
売上高 : 190billionサウジアラビア・リヤル(約4兆円、2011年)
株主構成 : サウジアラビア政府(70%)、その他(30%) 
設立 : 1976年9月

【千葉ポリオールの概要】

名称 : 千葉ポリオール株式会社
所在地 : 千葉県市原市五井南海岸12-41
事業内容 : PPGの製造 (製品は当社が全量引き取り販売)
資本金 : 1億円 (三井化学90%、日本曹達10%出資)
設立 : 1985年6月

【当社グループのポリウレタン材料生産能力(2012年2月現在)】

(単位:t /年)

  TDI MDI PPG
大牟田工場 120,000 60,000 -
鹿島工場 117,000 - -
錦湖三井化学(株)(韓国) - 155,000(欄外 注) -
名古屋工場 - - 57,000
徳山分工場 - - 50,000
千葉ポリオール(株) - - 28,000

(注)錦湖三井化学では、MDIの生産能力増強を決定しております。
増強後の生産能力は200,000t/年となり、2013年1月に営業運転開始の予定です。

【ポリウレタンの製造フロー概略】

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

ウレタン事業に関するSABIC社との提携検討開始及び事業再構築について (PDF:158KB)pdfファイルを開く