–東日本大震災復興に向けた持続的な支援–
化学実験教室「ふしぎ探検隊」を開催

2012年3月26日
三井化学株式会社

三井化学株式会社(社長:田中稔一)は、東日本大震災の復興に向けた持続的な支援活 動の1つとして、認定NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)」と協働で化学実験教室「ふしぎ探検隊」を開催しております。

「ふしぎ探検隊」は、次世代を担う子どもたちに化学の楽しさや面白さを伝えたいという当社社員の発案により、2006年に始まった化学実験教室です。毎年、各事業所近隣の学校やイベント等で教室を開いており、今年度は4,500名を超える子どもたちに参加いただきました。

昨年10月からは、宮城県気仙沼市を中心とした仮設住宅の集会所や児童館で、のべ3回の実験教室を行い、多くの子どもたちと「ウレタンむくむく実験」「ジャンボスライムをつくろう!」の実験を行ってきました。参加した子どもたちからは「家でも実験してみたい」等好評を博しており、今月末には第4回を開催する予定です。

三井化学グループは、実験教室の開催をはじめ、今後も被災地の支援を継続してまいります。

※ 認定NPO 法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ): http://peace-winds.org/jp/eq/別ウィンドウで開く
被災地での「子ども支援」や「経済復興」などを継続して行っています。

被災地での「ふしぎ探検隊」の様子

■ 次回の開催予定
日程 2012年3月31日(土)
場所 宮城県気仙沼市

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

–東日本大震災復興に向けた持続的な支援– 化学実験教室「ふしぎ探検隊」を開催(PDF:120KB)pdfファイルを開く