中国におけるEPT合弁会社設立について

2012年5月29日
三井化学株式会社
中国石油化工股份有限公司

三井化学株式会社(以下、三井化学 本社:日本東京都港区、社長:田中稔一)と中国石油化工股份有限公司(以下、Sinopec 本社・中国北京市、総裁:王天普)は、この度、共同出資によりEPT(エチレン・プロピレン・ジエン共重合ゴム※)を製造・販売する合弁会社「上海中石化三井弾性体有限公司」(以下、SSME)を設立致しましたのでお知らせ致します。

三井化学とSinopecは、2009年12月に「合弁事業推進のためのFSに関する意向書」を締結し、共同でFS(フィージビリティースタディ)を進めてきましたが、この度中国政府の事業認可を得て、合弁会社を設立致しました。

SSMEは、メタロセン触媒を用い、最新鋭のプロセスを採用した世界最大規模のEPTプラントを中国上海市・上海化学工業区へ新設します。中国では、自動車産業の急速な拡大、および、社会インフラ(鉄道など)の整備に伴い、EPTの大幅な需要増が見込まれています。SSMEは、拡大する中国EPT市場のニーズにいち早く応えるべく、生産・供給体制の早期確立に全力で取り組んでまいります。

< EPT合弁会社の概要 >

1. 社名 上海中石化三井弾性体有限公司(出資比率50:50)
2. 設立時期 2012年5月28日
3. 資本金 約630百万 人民元
4. 所在地 中国上海市・上海化学工業区
5. 事業内容 EPTの製造・販売
6. 生産能力 7.5万トン/年(プロセスは、三井化学メタロセン触媒技術)
7. 営業運転開始時期 2014年 第1四半期
8. 総投資額 約20億 人民元
(※)
EPT:耐候、耐オゾン性、耐熱・耐寒性、電気特性、耐化学薬品性に優れた合成ゴムであり、自動車部品、電線ケーブル、その他工業部品に幅広く使用されています。

三井化学及びSinopecの概要

三井化学
主な事業内容 石化事業、基礎化学品事業、ウレタン事業、機能樹脂事業、機能化学品事業
売上高(11年度) 1兆4,540億円
資本金 125,053百万円
従業員数 12,868名(連結)
所在地(本社) 日本 東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター
中国石油化工股份有限公司(Sinopec)
主な事業内容 石油・ガス採掘事業、石油精製事業、化学品事業、エンジニアリング
売上高(11年) 2兆5,057億人民元
株式資本 186億ドル(ニューヨーク、ロンドン、香港株式市場に上場)
従業員数 377,000名
所在地(本社) 中国 北京市朝陽区朝陽門北大街22号

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100
中国石油化工股份有限公司 発展計画部TEL:+86-10-59968923

中国におけるEPT合弁会社設立について (PDF:156KB)pdfファイルを開く