中国における華東地区コンパウンド中核拠点の構築
–ミラストマー®及びアドマー®新会社設立について–

2012年9月6日
三井化学株式会社

三井化学株式会社(社長:田中稔一)は、中国華東地区上海市金山区に機能性コンパウンド事業の新会社「三井化学功能複合塑料(上海)有限公司」を設立することを決定しましたので、お知らせ致します。
新会社では、自動車の窓枠や表皮用途の熱可塑性エラストマー「ミラストマー®」及び自動車用燃料タンクや食品包材用途の接着性ポリオレフィン「アドマー®」を製造販売します。

中国では、自動車窓枠のTPV化や高級車種の内装材への採用によるミラストマー®の需要及び自動車燃料タンクの樹脂化や、食品安全意識の高まりに伴う包装資材の多層化によるアドマー®の需要が拡大しています。当社はこれに対応するため、中国華東地区に、新たな供給拠点を設置します。

()
TPV:架橋型熱可塑性エラストマー

同時に新会社は、自動車メーカーが集中している華東地区において、将来のポリプロピレン自動車材のコンパウンド拠点としての活用も含め、同地区における当社グループ全体のコンパウンド拠点としての役割を果たしていきます。
当社は、高品質の製品を供給する製造・販売・技術サービスを拡充し、更なるコンパウンド事業の強化・拡大を積極的に進めて参ります。

<新会社の概要>

1. 会社名称 三井化学功能複合塑料(上海)有限公司
2. 事業内容 ミラストマー®・アドマー®の製造販売
3. 所在地 中国上海市金山区
4. 生産能力 11,000トン/年
5. スケジュール(予定) 会社設立2012年11月
営業運転開始2014年10月

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

中国における華東地区コンパウンド中核拠点の構築 (PDF:127KB)pdfファイルを開く