シンガポールにおける「エボリュー™」の新会社設立と製造設備の新設について

2012年11月9日
株式会社プライムポリマー

株式会社プライムポリマー(本社:東京都港区、社長:大多和 保彦、以下「プライムポリマー」)は、シンガポール共和国において、メタロセンポリマー「エボリュー™」の新会社を設立し、製造設備を新設することを決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 新会社設立の目的

プライムポリマーは、2011年度中期経営計画で当社が得意とする高機能製品の海外展開の加速を成長戦略としており、メタロセン系ポリマー「エボリュー™」をその中核事業に位置付けています。
「エボリュー™」は、高強度・密封性・低臭気・低フィッシュアイ・ヒートシール性に優れ、液物包装やパウダー包装などに求められる高機能シーラント用材料として、アジア市場での急速な拡大が見込まれます。
このような需要を取り込むべく、2011年11月の市原工場(千葉県市原市)でのプラント能力増強(24万t→30万t/年)に続き、今般、成長するアジア市場の中心に位置するシンガポール共和国において、新会社を設立し、30万t/年のプラントを新設することにいたしました。
今回のシンガポール共和国での新会社の設立と製造設備新設により、日本を含むアジアトップのポジションを確固たるものにし、「エボリュー™」事業の更なる強化・拡大を図ってまいります。

2. 新会社の概要

(1) 社名 Prime Evolue Singapore Pte. Ltd.(プライムエボリューシンガポール株式会社)
(2) 主な事業内容 メタロセンポリマー「エボリュー™」の製造・販売
(3) 設立 2012年10月
(4) 所在地 シンガポール共和国
(5) 出資者 プライムポリマー 80%、三井物産(株) 20%
(6) 資本金 115百万USD
(7) 設備能力と立地 30万t/年、シンガポール共和国ジュロン島
(8) 採用技術 三井化学(株)のライセンスによるメタロセン触媒を用いた気相2段重合プロセス
(9) 設備完工時期 2014年12月

以上

本件に関するお問い合わせ先

株式会社プライムポリマー 企画管理部TEL:03-6253-4520

シンガポールにおける「エボリュー™」の新会社設立と製造設備の新設について (PDF:181KB)pdfファイルを開く