岩手県宮古市ブルーチャレンジプロジェクトに参加

2012年11月26日
三井化学株式会社

当社は、岩手県宮古市における再生可能エネルギーを利用する新たなプロジェクト「宮古市BLUE CHALLENGE PROJECT」※1にオブザーバーとして参加します。
本プロジェクトは、宮古市の震災復興と新たな地域活性化を目指し、バイオマス由来の「電気・熱・水素」の再生可能エネルギーを生産、活用する取り組みです。「電気・熱」に加え、次世代自動車の燃料となる「水素」の3つのエネルギーを供給するプラントは、商用としては世界初になります。
また本プロジェクトでは、当初は宮古市の豊富な森林資源の間伐材をバイオマス原料として活用しますが、将来的には、HIT事業研究会※2(2012年9月10日リリース参照)にて検討している下水汚泥の活用を視野に入れております。

当社は、再生可能エネルギー推進に向けた貢献として、国内最大級のメガソーラープロジェクト「たはらソーラー・ウインド共同事業」などを実施しています。当社は、今後とも東日本大震災復興に向けた持続的支援と再生可能エネルギー推進に向けた貢献を継続して参ります。

※1
宮古市BLUE CHALLENGE PROJECT:
http://www.city.miyako.iwate.jp/data/cb/info/pastInfoList.html別ウィンドウで開く
※2
HIT事業研究会 下水汚泥を原料とするバイオ水素の製造実証に着手:
http://www.mitsuichem.com/jp/release/2012/2012_0910.htm別ウィンドウで開く

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

岩手県宮古市ブルーチャレンジプロジェクトに参加 (PDF:213KB)pdfファイルを開く