日本政策投資銀行より
「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」特別表彰を受賞

2013年4月26日
三井化学株式会社

当社は、日本政策投資銀行(以下、DBJ)より、「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」の最高ランクである「従業員の健康配慮への取り組みが特に優れている(特別表彰)」の格付を取得し、4月25日にモデル企業として表彰を受けました。また、この格付に基づき、DBJをアレンジャーとした健康経営シンジケート・ローン(※)により、170億円の融資を受けました。

この融資制度は、DBJが、従業員の健康配慮への取り組みの優れた企業を評価し、その評価に応じて融資条件を設定するものです。
当社は、かねてから「社員の健康は、会社の健康に直結する」との理念に基づき、従業員の健康づくりを経営課題として明確に位置付け、取り組みを強化してまいりました。今回の受賞は、メタボリック症候群改善への取り組みや、全社員へのストレス調査及びそれに基づく改善策の実施等の活動が評価されたものです。
当社は今後とも、やりがいのある仕事と充実した私生活との調和を目指し、ワークライフバランスを推進するとともに、グループ社員の健康増進活動に積極的に取り組んでまいります。

授賞式


当社は、2013年3月日本政策投資銀行(DBJ)より健康格付融資を受け、格付結果は「従業員の健康配慮への取り組みが特に優れている」と評価され、さらにモデル企業として特別表彰されました。

※健康経営シンジケート・ローンの概要

シンジケート・ローン:
複数の金融機関が協調して、一つの融資契約書に基づき同一条件で融資を行う資金調達手法。
参加金融機関をアレンジャー(幹事金融機関)が募集する。

アレンジャー(幹事金融機関) DBJ
貸出人 DBJ、太陽生命保険、青森銀行、筑波銀行、千葉興業銀行、八十二銀行、北國銀行、百五銀行、滋賀銀行、山口銀行、百十四銀行、西日本シティ銀行、親和銀行、徳島銀行、愛知県信用農業協同組合連合会、他、合計19金融機関

ご参考:三井化学グループの「社員の健康づくり」に向けた取り組み

以上

本リリースに関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

日本政策投資銀行より「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」特別表彰を受賞 (PDF:144KB)pdfファイルを開く